世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

シュテーデル美術館Städelsches Kunstinstitut

シュテーデル美術館はドイツのフランクフルト・アム・マイン市にある美術館です。1815年に銀行家のヨハン・フリードリヒ・シュテーデルの遺言により設立されました。第二次大戦時の空襲によって建物は破壊されましたが、戦後の1966年に開館当時の姿を復元し再建。1990年には20世紀美術の展示と特別展のための別館増築が行なわれました。ドイツとネーデルラントの絵画を中心に、14世紀から現代の西洋美術を幅広く取り揃え、ドイツ国内はもとより、世界的にも有数のコレクションを誇る美術館として親しまれています。


(cc) Simsalabimbam

  

主なコレクション

  • 上部ライン地方の画家《楽園の小庭園》(1410-1420年頃)   

  • ヤン・ファン・エイク《ルカ聖母》(1437-1438年頃)   

  • バルトロメオ・ヴェネト《理想女性像》(1520-1525年頃)   

  • レンブラント・ハルメンス・ファン・レーン 《シムソンの目つぶし》(1636)   

  • ヨハネス・フェルメール《地理学者》(1669)   

  • エドゥアール・マネ《クロッケーの試合》(1873)   

  • パブロ・ピカソ《フェルナン・オリビエ像》(1909)   

  • エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー《帽子をかぶった裸婦》(1910年頃)   

  • マックス・エルンスト《アキ・シュブメルシュ》(1919)   

美術館発行媒体

展覧会カタログその他紙媒体は、美術館のオンラインブックショップにて購入可能(ドイツ語)。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
Schaumainkai 63, Frankfurt am Main  
Tel
+49 (0) 69-605098-0
Fax
+49 (0) 69-605098-111
URL
http://www.staedelmuseum.de/sm/index.php?StoryID=1190&websiteLang=en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

絵画制作のためのスタディルームあり。

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.03.19-
2020.06.28

「EN PASSANT:印象派の彫刻」展
https://www.staedelmuseum.de/en/exhibitions/en-passant

印象派は、その登場から1世紀半経った現在でも、世界中の人々を魅了しています。特に絵画は、馴染み深い存在ですが、彫刻における印象派の多様性は、学問的関心がはるかに低いテーマであり、一般に広く知られていません。本展では、印象派絵画の属性(光、色彩、動き、一時性など)が彫刻でどのように表現されているかを探求します。

2020.05.20

ページトップへ