世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

レンバッハハウス美術館Städtische Galerie im Lenbachhaus

カンディンスキー、フランツ・マルクをはじめ、20世紀絵画の充実したコレクションをもつミュンヘン市立の美術館です。同館の所蔵品は、青騎士グループの女流画家であったガブリエル・ミュンターがミュンヘン市に寄贈した約1000点の作品が核となっています。かつてミュンヘンで活動した肖像画家、フランツ・フォン・レンバッハ(1836-1904)の住居兼アトリエが現在の美術館となったため、「レンバッハハウス」と呼ばれるようになりました。青騎士はもちろん、19世紀の風景画や、ジョージ・グロスらの新即物主義(ノイエ・ザハリヒカイト)、アンセルム・キーファー、ヨーゼフ・ボイスをはじめとする戦後の現代美術も必見です。


  


  

主なコレクション

  • フランツ・マルク《青い馬I》(1911)   

  • フランツ・マルク《虎》(1912)   

  • ワシリー・カンディンスキー《印象Ⅲ(コンサート)》(1911)   

  • ワシリー・カンディンスキー《ムルナウ──鉄道と城のある光景》(1909)   

  • アウグスト・マッケ《遊歩道》(1913)   

  • ガブリエル・ミュンター《ロシア人の家》(1931)   

  • パウル・クレー《ローズ・ガーデン》(1920)   

  • ヨーゼフ・ボイス《バスタブ》(1960)   

  • ゲルハルト・リヒター《パレルモの部屋のための2つの彫刻》(1971/1984)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。
ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)
ブログ

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
Luisenstraße 33, 80333 München  
Tel
+49 89-233-320-00
Fax
+49 89-233-320-03
URL
http://www.lenbachhaus.de/?L=1

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

金子美環。在ケルン。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
  

常設コレクション展
http://www.lenbachhaus.de

開催中のコレクション展は「1945年以降の美術」「19世紀の美術」「ヨーゼフ・ボイス」「青騎士」の4つのセクションに分けられています。クレーやカンディンスキーのほか、2013年5月、建築家ノーマン・フォスターによる美術館改修工事で明るく生まれ変わったホワイエでは、オラファー・エリアソンによる光のインスタレーションに注目です。

2019.08.20

ページトップへ