世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

アルテ・ピナコテークAlte Pinakothek

アルテ・ピナコテークはドイツ・バイエルン州の州都ミュンヘンにある国立美術館です。ドイツ語で「旧絵画館」「古典絵画館」を意味するアルテ・ピナコテークは、世界でも最古の部類に属する公共美術館です。コレクションは中世からバロック期にかけての作品が中心で、隣接するノイエ・ピナコテークやピナコテーク・デア・モデルネとともにバイエルンの一大コレクションを形成しています。


(cc) Markus Würfel

  

主なコレクション

  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデン《東方三博士の礼拝》(1455年頃)   

  • アルブレヒト・デューラー《自画像》(1500)   

  • ラファエロ・サンティ《カニジャーニの聖家族》(1505-1506年頃)   

  • アルブレヒト・アルトドルファー《アレクサンドロス大王の戦い》(1529)   

  • ピーテル・ブリューゲル(父)《怠け者の天国》(1566)   

  • ピーテル・パウル・ルーベンス《レウキッポスの娘たちの略奪》(1617-1618年頃)   

  • レンブラント・ファン・レイン《自画像》(1629)   

  • グイド・レーニ《聖母被昇天》(1642)   

  • バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《メロンとブドウを食べる子供たち》(1650年頃)   

  • フランソワ・ブーシェ《ポンパドゥール夫人の肖像画》(1756)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
Barer Straße 27, München  
Tel
+49 (0) 89-23805-216
Fax
+49 (0) 89-23805-251
URL
https://www.pinakothek.de/en
https://www.pinakothek.de/ja(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

電気工事のため、一部が閉鎖されています。

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.11.08-
2020.10.04

「フィーリング」展
https://www.pinakothek.de/en/exhibitions/feelings

絵はどんなときに私たちを引き付けるのでしょうか? 激しい感情を刺激するために、アートワークと視聴者との間にメディアを設置する試みです。展示されている作品の特徴は、謎めいたモチーフと雰囲気のある視覚空間です。作品を見ると、喜び、興奮、怒り、嫌悪感、悲しみ、その他多くの感情的な反応が起こることでしょう。

2019.07.25-
2020.07.24

「ゴヤからマネへーアルテ・ピナコテークの19世紀」展
https://www.pinakothek.de/en/exhibitions/neue-alte

美術館や展示スペースとして40年ものあいだ、使用され続け的あノイエ・ピナコテークは、ここ数年間大規模な改修のために閉館していました。その間にコレクションから選ばれた19世紀の絵画と彫刻の主要作品の一部がアルテ・ピナコテークに展示されます。ハイライトは、新古典主義とロマン主義の重要な作品からモダニズムの夜明けまでです。

2019.10.25-
2020.02.02

「ヴァン・ダイク」展
https://www.pinakothek.de/en/vandyck

アンソニー・ヴァン・ダイクは、バロック期のフランドル出身の画家です。ヨーロッパ中の支配者、軍司令官、芸術家たちが彼の肖像の美しさを褒め称えたものです。しかし、彼にとって名声への道は容易ではありませんでした。本展では彼の軌跡を辿りつつ、イタリアで地道に培った個性的で繊細な絵画などの作品を展示します。

2019.05.24-
2020.07.19

「ブランドホルスト博物館、永遠の10年」展
https://www.pinakothek.de/en/exhibitions/forever-young-10-years-of-museum-brandhorst

ブランドホルスト博物館は2009年5月18日にオープンしました。まるで昨日のように感じますが、それでも博物館は大きく発展してきました。開館から10年、「新しい」ブランドホルストのコレクションが一般公開されます。 開館以来、この博物館のコレクションは700から1200点に増えました。

2019.12.20

ページトップへ