世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

アルテ・ピナコテークAlte Pinakothek

アルテ・ピナコテークはドイツ・バイエルン州の州都ミュンヘンにある国立美術館です。ドイツ語で「旧絵画館」「古典絵画館」を意味するアルテ・ピナコテークは、世界でも最古の部類に属する公共美術館です。コレクションは中世からバロック期にかけての作品が中心で、隣接するノイエ・ピナコテークやピナコテーク・デア・モデルネとともにバイエルンの一大コレクションを形成しています。


(cc) Markus Würfel

  

主なコレクション

  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデン《東方三博士の礼拝》(1455年頃)   

  • アルブレヒト・デューラー《自画像》(1500)   

  • ラファエロ・サンティ《カニジャーニの聖家族》(1505-1506年頃)   

  • アルブレヒト・アルトドルファー《アレクサンドロス大王の戦い》(1529)   

  • ピーテル・ブリューゲル(父)《怠け者の天国》(1566)   

  • ピーテル・パウル・ルーベンス《レウキッポスの娘たちの略奪》(1617-1618年頃)   

  • レンブラント・ファン・レイン《自画像》(1629)   

  • グイド・レーニ《聖母被昇天》(1642)   

  • バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《メロンとブドウを食べる子供たち》(1650年頃)   

  • フランソワ・ブーシェ《ポンパドゥール夫人の肖像画》(1756)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
Barer Straße 27, München  
Tel
+49 (0) 89-23805-216
Fax
+49 (0) 89-23805-251
URL
https://www.pinakothek.de/en
https://www.pinakothek.de/ja(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

電気工事のため、一部が閉鎖されています。

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.04.07-
2020.11.01

「ラファエル1520-2020」展
https://www.pinakothek.de/en/exhibitions/raphael-1520-2020

今年は、イタリアのルネサンス期にローマで活躍したラファエロ・サンツィオ(1483-1520)が亡くなって500年の年です。彼が10年足らずで完成させた絵画やフレスコ画は現在に至っても国際的な名声を得ています。本展では、彼の人生とその作品が現代の西洋の絵画言語に与えている影響を振り返ります。

2020.05.20

ページトップへ