世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター(ZKM)Zentrum für Kunst und Medientechnologie Karlsruhe

ドイツ南西部の都市カールスルーエのメディア芸術センター(通称:ZKM)では、映像、写真、サウンド・アートをはじめ、新しいコミュニケーション・メディアやテクノロジーを使ったアート作品を鑑賞することができます。
ZKMは、展覧会だけでなくメディアに関する資料のアーカイヴ、研究活動、作品制作も行なっており、同じ建物内にあるカールスルーエ造形大学、市立ギャラリーと並び、メディア芸術をテーマとした理論と実践の総合施設となっています。1999年以降ペーター・ヴァイベル(メディア・アーティスト/キュレーター)が館長を務め、1960年代から現在までのコンテンポラリー・アートを広く紹介しています。


  


  

主なコレクション

  • シュテファン・フォン・ヒューネ《テーブルダンサー》(1988[1993])   

  • トーマス・シュトゥルート《シカゴ・アートインスティトゥート》(1990)   

  • アンドレアス・グルスキー《デュッセルドルフの飛行機》(1989)   

  • 藤幡正樹《ビヨンド・ページズ》(1995)   

  • ウォルフガング・ミュンヒ+古川聖《シャボン玉》(2000)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。
ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
Lorenzstraße 19, 76135 Karlsruhe  
Tel
+49 721-8100-1200
Fax
+49 721-8100-1139
URL
http://zkm.de/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

映像メディア、音響、メディア教育等に関する研究所

備考

  

金子美環。在ケルン。

2020.05.20

ページトップへ