世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スイス

ベルン美術館Kunstmuseum Bern

1879年に創設されたスイス屈指の美術館のひとつであり、絵画、彫刻、写真、素描、ヴィデオなどの充実したコレクションを誇る。ホドラーやアンカーなどのスイス出身の作家のみならず、カンディンスキー、シャガール、ピカソ、マチス、クールベなど19−20世紀の名画が揃う。大半のパウル・クレーのコレクションはベルン郊外に2005年にオープンしたパウル・クレー・センターに移された。


  

  

主なコレクション

  • フェルディナンド・ホドラー《夜》(1890)   

  • ヴァシリー・カンディンスキー《黄色い点》(1924)   

  • ギュスターヴ・クールベ《目覚め》(1866)   

  • アマデオ・モディリアーニ《立っている裸婦》(1918)   

  • パウル・クレー《パルナッソス山へ》(1932)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

アニュアル・レポート(美術館公式サイトにて閲覧可能)
美術館による公式ブログ
紙媒体は美術館のオンラインショップにて購入可能

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スイス
所在地
Hodlerstrasse 8-12 3000 Bern 7  
Tel
+41 31-328-0944
Fax
+41 31-328-0955
URL
http://www.kunstmuseumbern.ch/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

シアター

備考

  

小室舞。建築設計事務所Herzog & de Meuron(バーゼル)勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.02.22-
2019.06.16

「ミリアム・カーン:人間としての私」展
https://www.kunstmuseumbern.ch/en/see/today/825-miriam-cahn-120.html

スイスのアーティスト、ミリアム・カーン(1949-)は、芸術活動を始めて以来、政治的、社会的な問題や出来事を批判的に扱うだけでなく、表現のモードや芸術的な手法の背景と歴史の問題と向き合い、説得力のある作品を制作してきました。本展では、戦争やジェンダー問題を通して現代の人間性に注目し、暴力や愛、自然の脆さを表現した作品を展示します。

2019.05.20

ページトップへ