世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スイス

バーゼル市立美術館Kunstmuseum Basel

1662年に創設された世界で最も古い公共美術館でもある由緒あるヨーロッパ有数の美術館。ルネッサンスから現代に至るまで西欧絵画の歴史をたどることができる素晴らしいコレクションを誇り、ゆっくり見ると一日かかるほどの作品数が並んでいます。とくに15−16世紀のルネッサンスや19−20世紀の印象派やキュビスムといった西欧絵画のコレクションが充実しています。入り口のある中庭にはカフェが面し、ロダンの彫像なども置かれています。道を挟んだ敷地に増築が計画されており、本館と地下通路でつながって2016年に完成予定。


  

  

主なコレクション

  • ハンス・ホルバイン《墓の中の死せるキリスト》(1521)   

  • エル・グレコ《聖ヨハネ》(1600年頃)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《ドービニーの庭》(1890)   

  • パブロ・ピカソ《二人の兄弟》(1906)   

  • アンリ・ルソー《大豹に襲われる黒人》(1910)   

美術館発行媒体

ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スイス
所在地
St. Alban-Graben 16 CH-4010 Basel  
Tel
+41 61-206-6262
Fax
+41 61-206-6252
URL
https://kunstmuseumbasel.ch/en/kunstmuseum-basel
http://www.kunstmuseumbasel.ch/(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

小室舞。建築設計事務所Herzog & de Meuron(バーゼル)勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.12.07-
2020.07.19

「サーキュラー・フロー:不平等の経済」展
https://kunstmuseumbasel.ch/en/exhibitions/2019/circularflow

生活のあらゆる側面に常につきまとう経済は、私たち個人および集団生活にとってどのような倫理的、社会的、政治的影響を及ぼすでしょうか。全ての企業と自治体に等しく適用されるグローバル資本主義の結果としての国際競争力の義務は、今やあらゆる場所で労働と生産の条件を規定しています。本展では、植民地主義、初期の経済のグローバル化、権力関係の確立と世界的な不平等の関係に焦点を当てます。

2020.02.01-
2020.07.05

「輝く図像:ホルベインからリングラーまでのドローイングとステンドグラス絵画」展
https://kunstmuseumbasel.ch/en/exhibitions/2020/luminous-figures

小さなサイズのガラス絵画は、16世紀から南ドイツや旧スイス連邦で人気のあった芸術形式です。これらの作品は町やギルドホール、大学、修道院、病院などを飾りました。これらは当時の有名なアーティストから依頼されたデザインに基づいて、プロのガラス塗装工によって製作されました。本展では、このジャンルに光を当て、16世紀の最盛期に制作された90点の作品を展示します。

2020.06.20

ページトップへ