世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イタリア

国立21世紀美術館(MAXXI)MAXXI Museo nazionale delle arti del XXI secolo

国立21世紀美術館(MAXXI)は2000年にイタリアの首都ローマに開館したイタリア初の国立現代美術館です。プリツカー受賞建築家ザハ・ハディドの設計による、曲線が複雑に絡まり合う斬新なフォルムの建物が大きな話題を呼びました。総面積2万7000平方メートルに及ぶ敷地は「MAXXI芸術館」と「MAXXI建築館」の二つのギャラリーで構成されており、美術だけではなく優れた現代建築作品の紹介にも力を入れている美術館として知られています。


(cc)Dyveldi

  

主なコレクション

  • ガブリエル・バジリコ《ベイルート》(1991)   

  • クリスチャン・ボルタンスキー《ヴェロニカ》(1995)   

  • キャンディス・ブレイツ《メグになる》(2003)   

  • イリヤ・カバコフ《私たちの場所はどこ?》(2003)   

  • アルフレッド・ジャー《無限独房》(2004)   

  • キキ・スミス《巨大なデザート》(2004-2005)   

  • フランチェスコ・ヴェッゾーリ《デモクレイジー》(2007)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イタリア
所在地
Via Guido Reni, 4A, Roma  
Tel
+39 06-3996-7350
Fax
  
URL
http://www.fondazionemaxxi.it/
http://www.fondazionemaxxi.it/multi/jp_maxxi.html(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

美術館建物の設計に関する資料が閲覧できるアーカイヴ・ルームあり

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.07.02-
2019.12.31

「アルベルト・ガルッティ:AI NATI OGGI」展
https://www.maxxi.art/en/events/alberto-garutti-ai-nati-oggi/

ローマのポポロ広場に設置されたアルベルト・ガルッティ(1948-)によるパブリック・アート・プロジェクトは、広場の街灯と産科病棟が結び付けられており、光が脈動するたびに、赤ちゃんが生まれたことを意味します。ガルッティは、美術館のスペースを離れて都市の景観に入り込み、観客との関わりと共有を生み出すための作品から出発して研究を進めています。

2019.06.19-
2020.01.12

「マリア・ライ。手で太陽を持つこと」展
https://www.maxxi.art/en/events/maria-lai-tenendo-per-mano-il-sole/

現代イタリア美術でもっとも特異なアーティストのひとり、マリア・ライ(1919-2013)の生誕100周年を記念して、大規模な個展を開催します。最新のリレーショナル・アート研究に先立って、敏感であること、地域の伝統、そして世界的な規範を組み合わせることができる言語を創り出した偉大なアーティストへ賛辞を送ります。

2019.09.20

ページトップへ