世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イタリア

国立21世紀美術館(MAXXI)MAXXI Museo nazionale delle arti del XXI secolo

国立21世紀美術館(MAXXI)は2000年にイタリアの首都ローマに開館したイタリア初の国立現代美術館です。プリツカー受賞建築家ザハ・ハディドの設計による、曲線が複雑に絡まり合う斬新なフォルムの建物が大きな話題を呼びました。総面積2万7000平方メートルに及ぶ敷地は「MAXXI芸術館」と「MAXXI建築館」の二つのギャラリーで構成されており、美術だけではなく優れた現代建築作品の紹介にも力を入れている美術館として知られています。


(cc)Dyveldi

  

主なコレクション

  • ガブリエル・バジリコ《ベイルート》(1991)   

  • クリスチャン・ボルタンスキー《ヴェロニカ》(1995)   

  • キャンディス・ブレイツ《メグになる》(2003)   

  • イリヤ・カバコフ《私たちの場所はどこ?》(2003)   

  • アルフレッド・ジャー《無限独房》(2004)   

  • キキ・スミス《巨大なデザート》(2004-2005)   

  • フランチェスコ・ヴェッゾーリ《デモクレイジー》(2007)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イタリア
所在地
Via Guido Reni, 4A, Roma  
Tel
+39 06-3996-7350
Fax
  
URL
http://www.fondazionemaxxi.it/
http://www.fondazionemaxxi.it/multi/jp_maxxi.html(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

美術館建物の設計に関する資料が閲覧できるアーカイヴ・ルームあり

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.11.27-
2020.04.13

「ジオ・ポンティ:建築を愛する」展
https://www.maxxi.art/en/events/gio-ponti-amare-l-architettura/

建築家、デザイナー、アートディレクター、作家、詩人、評論家、総合アーティストであるジオ・ポンティ。本展はパルマおよびジオポンティアーカイブのCSACとのコラボレーションで制作されたこの展覧会では、アーカイブ資料、モデル、写真、書籍、雑誌、およびオブジェクトを展示し、多様な大陸で歴史を残したイタリア建築について明らかにします。

2019.10.17-
2020.03.08

「芸術の精神的問題について」展
https://www.maxxi.art/en/events/della-materia-spirituale-dell-arte/

今日、精神について話すことはどういう意味をもつのでしょうか? 本展は芸術の精神的な問題について、現代美術と同時にローマの古代史の問題を通して精神的な問題を調査するプロジェクトです。多様な可能性を横断するレイアウトでは、19のアーティストの作品が展示され、異なる背景と文化からの国際的なシーンで著名な面々です。

2019.04.17-
2020.03.08

「AT HOME:現代住宅のプロジェクト」展
https://www.maxxi.art/en/events/at-home-a-casa-progetti-per-abitare-contemporaneo/

本展は現代の住宅のためのプロジェクトで、戦後から現代までの居住の概念の進化を詳述する博物館の建築コレクションの新しいプレゼンテーションを提示しています。また、展示プロジェクトでは、実物大のインスタレーションと、イタリアおよび国際的な建築家によって実現されたサイト固有のパビリオンがあり、ビジターにとって体験を通じた建築について議論を形成するものとなっています。

2019.10.23-
2020.04.13

「アルタン:PIMPA、CIPPUTI、シンカー、アン・パロポリとルカ・ラファエリによるキュレーション」展
https://www.maxxi.art/en/events/altan-pimpa-cipputi-e-altri-pensatori/

アルタンの世界は、オリジナルのドローイング、ポスター、イラスト、絵画、スケッチ、テーブル、本、ビデオを通して語られます。アルタンは、アンネ・パロポリとルカ・ラファエリによってキュレーションされたソラレス財団とフランコ・コジモ・パニーニ編集者との共同制作で作成された本展の主人公です。図面、ポスター、イラスト、絵画、スケッチ、表、本、ビデオの間の彼のすべての作品を伝える展示となっています。

2020.01.20

ページトップへ