世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スペイン

カタルーニャ美術館Museo Nacional de Arte de Cataluña

カタルーニャ美術館(MNAC)はスペインのバルセロナにある国立美術館です。カタルーニャは11〜13世紀にかけて、イタリアとビザンティンの影響のもとにロマネスク美術が栄えたことで知られています。美術館内部はピレネー山間部の教会や修道院、聖堂から壁画や祭壇装飾が移送され、そのまま再現されており、まるでその場にいるかのような錯覚を与えます。なかでもタウール村のサン・クリメン聖堂やサンタ・マリア聖堂の後陣に描かれていた壁画は圧巻で、訪れる鑑賞者を魅了し続けています。


(cc) Sergi Larripa

  

主なコレクション

  • 《キリストと十二使徒の祭壇前飾り》(12世紀初頭)   

  • 《全能のキリスト》(1123年頃)   

  • フラ・アンジェリコ《謙虚な聖母マリア》(1433-1435)   

  • パブロ・ピカソ《帽子と毛皮の襟飾りを纏った女》(1937)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スペイン
所在地
Palau Nacional Parc de Montjuïc, Barcelona  
Tel
+34 93-622-0376
Fax
+34 93-622-0383
URL
http://www.museunacional.cat/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.21-
2019.09.29

「エル・ヴィボラ。カウンター・カルチャーのコミック」展
https://www.museunacional.cat/en/el-vibora-comix-countercultural

1980年代と1990年代の世代に大きな影響を与えた神話的なコミック雑誌”エル・ヴィボラ(ザ・ヴァイパー”)が発刊されて40周年を記念した展覧会です。雑誌のもっとも初期にあたる1960年代のバルセロナは、アメリカで爆発的に発展した地下文化の中心地でした。35のオリジナル作品、豊富な資料、約100の表紙からクリエイターの独創性と芸術的な力を感じることができるでしょう。

2019.05.31-
2019.09.29

「アントニ・ファブレス」展
https://www.museunacional.cat/en/antoni-fabres-0

バルセロナ出身の彫刻家で画家の、アントニ・ファブレス・イ・コスタ(1854-1938)の作品に焦点をあてた展覧会です。1880年代、90年代に多くの芸術家が描いたオリエンタリズムや銃士、剣士といった主題を描きましたが、同時に写実性の高い肖像作品や自然主義的な仕事もしました。生前から成功していた彼の作品は、時間の経過と異なる世代の歴史家によって忘れ去られてきました。

2019.08.20

ページトップへ