世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スペイン

ビルバオ・グッゲンハイム美術館Museo Guggenheim Bilbao

ビルバオ・グッゲンハイム美術館はスペインのバスク自治州ビルバオ市にある、コンテンポラリーアート専門の美術館です。各国に精力的に美術館事業を展開しているグッゲンハイム財団の世界戦略のひとつとして1997年にオープンしました。過激で有機的なフォルムがひときわ目を引く建物は、建築界の巨匠フランク・O・ゲーリーによって設計されたもので、今やビルバオの顔として存在感を放っています。また、建物正面にはジェフ・クーンズ《パピー》が、ネルビオン川沿いにはルイーズ・ブルジョワ《ママン》が設置されており、美術館のもうひとつのシンボルとなっています。


(cc) MykReeve

  

主なコレクション

  • ジャン・ミッシェル・バスキア《ナポリから来た男》(1982)   

  • ギルバート&ジョージ《覚醒》(1984)   

  • アンゼルム・キーファー《サンシップ》(1984)   

  • ジェフ・クーンズ《パピー》(1992)   

  • リチャード・セラ《時間の問題》(1994–2005)   

  • ジェニー・ホルツァー《インスタレーション・フォー・ビルバオ》(1997)   

  • ソル・ルウィット《ウォール・ドローイング#831》(1997)   

  • ルイーズ・ブルジョワ《ママン》(1999)   

  • リチャード・ロング《ビルバオ・サークル》(2000)   

ミュージアムグッズ情報

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スペイン
所在地
Avenida Abandoibarra, 2, Bilbao, Bizkaia  
Tel
+34 944-35-9000
Fax
  
URL
http://www.guggenheim-bilbao.es/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.04.12-
2019.10.06

「過去への視線:ジョルジョ・モランディと巨匠たち」展
https://giorgiomorandi.guggenheim-bilbao.eus/en/exhibition

20世紀もっとも革新的な静物画家のひとりであるジョルジョ・モランディ(1890-1964)の作品は、見せかけの単純さと主観的な現実の描写で見るものを魅了し続けています。本展では、モランディが高く評価し、研究したアーティストによる作品との関係をたどります。スペイン17世紀の静物絵画、16世紀の終わりから18世紀はじめまでのボローニャの画家、そして18世紀フランスの画家、シャルダンの静物絵画を中心に検討します。

2019.09.20

ページトップへ