世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|オランダ

アムステルダム国立美術館Rijksmuseum Amsterdam

アムステルダム国立美術館は、オランダ王国最大の規模を誇る美術館のひとつで、同国を中心とした12−20世紀の芸術と歴史を約8000点の作品で紹介しています。オランダ出身の名画家、レンブラント、フェルメール、ゴッホをはじめ、デルフトの陶器、模型船、ドールハウス、武器など、優れた美術工芸品もゆったりと鑑賞することができます。日本が鎖国中にも貿易を続けていたオランダ東インド会社の磁器、アジア館で展示されているインドのシヴァ神像まで、その多彩なコレクションが世界中の人々を魅了しています。


  


  

主なコレクション

  • レンブラント・ファン・レイン《夜警》(1642)   

  • レンブラント・ファン・レイン《ユダヤの花嫁》(1665-1669年頃)   

  • ヨハネス・フェルメール《牛乳を注ぐ女》(1660年頃)   

  • ヨハネス・フェルメール《手紙を読む青衣の女》(1663年頃)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《自画像》(1887)   

  • ピエロ・ディ・コジモ《ジュリアーノ・ダ・サンガッロの肖像》(1482-1485)   

  • ヘンドリック・アーフェルカンプ《スケートをする冬の風景》(1608年頃)   

  • ヤン・ヴィレム・ピーネマン《ワーテルローの戦い》(1824) 作者不明《デルフト焼 花の塔》(1692-1720)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。
ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、オランダ
所在地
Museumstraat 1 1071 XX Amsterdam  
Tel
+31 20-6747-000
Fax
  
URL
https://www.rijksmuseum.nl/
https://www.rijksmuseum.nl/jp/general-information-japanese(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

金子美環。在ケルン。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.10.30-
2020.10.18

「アジアパビリオンの新しい展示」展
https://www.rijksmuseum.nl/en/whats-on/exhibitions-now-on-view/new-displays-in-the-asian-pavilion

本館では6カ月ごとに、アジア芸術のキュレーターがアムステルダム国立美術館のアジアパビリオンで新しい作品を発表します。今後のテーマは「さまざまな世界観と視点」です。台湾の芸術家であるTu Wei-Chengの平行するBu-Numの世界が展示され、精神的な献身と尊敬に光を当てる儀式の世界や、インドネシアとヨーロッパの両方の視点から撮影したインドネシアの最初の写真を見ることができます。

2020.02.14-
2020.06.07

「カラヴァッジォーベルニーニ:ローマのバロック」展
https://www.rijksmuseum.nl/en/caravaggio-bernini

1600年から1640年頃のローマは芸術の中心地として活力に溢れていました。本展では、画家のカラヴァッジォ、彫刻家のベルニーニといった代表的な芸術家たちによる作品を中心に、いくつかのキーワードを通して17世紀のローマを新しい視点で紹介します。

2020.02.14-
2020.06.07

「ありがとうウォーラー2010-2020」展
https://www.rijksmuseum.nl/en/whats-on/exhibitions-now-on-view/thanks-to-waller-2010-2020

美術史家で印刷の専門家でもあるフランソワ・ジェラルド・ウォーラー(1867-1934)は、当館最大の恩人のひとりです。彼は貴重なコレクションを多数寄贈したのみならず、彼の名を冠した基金によって、毎年たくさんの版画を購入できるようにしてくれました。本展では、彼のおかげで過去10年間に購入することができた品々を展示します。

2020.05.20

ページトップへ