世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|オランダ

ファン・ゴッホ美術館Van Gogh Museum

ファン・ゴッホ美術館は、1973年に設立され、世界で最も大きなゴッホのコレクションを持つ美術館です。油彩画200点、ドローイング400点、弟のテオとのやりとりをはじめとする手紙700点、ゴッホと親交のあったロートレック、ゴーガンの作品や、ゴッホ自身が収集していた浮世絵も収蔵されています。
美術館では、子どものための教育プログラムや最新の科学技術を使った作品の調査・修復も行われています。ヘリット・リートフェルト設計の本館に並び、1999年には黒川紀章の新館が建てられました。


  


  

主なコレクション

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《画家としての自画像》(1887-1888)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家》(1888)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《画家の寝室》(1888)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》(1889)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家》(1888)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《アーモンドの花》(1890)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。
ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、オランダ
所在地
Paulus Potterstraat 7 1071 CX Amsterdam  
Tel
+31 20-570-5200
Fax
+31 20-570-5222
URL
http://www.vangoghmuseum.nl/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

金子美環。在ケルン。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.09.11-
2021.02.14

「ジャン=リュック・ミレーヌにインスピレーションを与えるファン・ゴッホ」展
https://www.vangoghmuseum.nl/en/visit/whats-on/exhibitions/van-gogh-inspires-jean-luc-mylayne

フランスの写真家、ジャン=リュック・ミレーヌ(1946-)は、40年以上にわたって鳥をモチーフにした風景のイメージを制作しています。彼は妻とともに、数週間から数ヶ月かけて鳥の信頼を得ながら撮影し、最終的には自然、アーティスト、動物のバランスをうまく整えた作品に仕上げていきます。ゴッホと彼の自然への愛は、ミレーヌにとって特別なインスピレーションの源です。

2020.09.20

ページトップへ