世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ベルギー

ベルギー王立美術館Royal Museums of Fine Arts of Belgium

ベルギー王立美術館は、首都ブリュッセルに複数ある美術館の集合体です。2009年にはシューレアリスムの巨匠ルネ・マグリット美術館がオープンし、2013年末にはアールヌーヴォーや象徴派を展示する「世紀末美術館」がオープン予定と、現在も進化発展を続けています。ベルギーは15世紀頃に華開いた北方ルネサンスの舞台であり、美術館の中心となる古典館では、ロヒール・ファン・デル・ウェイデンなど写実的な描写が特徴の初期フランドル派からはじまり、16世紀の民衆風俗を描いたピーテル・ブリューゲル、またダイナミックな大画面を構成したピーテル・ルーベンスやその弟子ヤーコブ・ヨルダーンスなど17世紀の巨匠の作品を展示しています。


(cc) Michel wal

  

主なコレクション

  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデン《アントワンヌ・ドゥ・ブルゴーニュの肖像画》(1463年頃)   

  • ディルク・ボウツス《皇帝オットーの裁判》(1447-1448)   

  • ヒエロニムス・ボス《聖アントニウスの誘惑》(1450-1516年頃)   

  • ピーテル・ブリューゲル(父)《イカロスの墜落》(1525-1530)   

  • ピーテル・ブリューゲル(父)《ベツレヘムの人口調査》(1566)   

  • ピーテル・ブリューゲル(父)《堕天使の墜落》(1562)   

  • ピーテル・パウル・ルーベンス《聖母被昇天》(1615-1620年頃)   

  • ピーテル・パウル・ルーベンス《東方三博士礼拝》(1619年頃)   

  • ヤーコブ・ヨルダーンス《王様が飲む》(17世紀[制作年不明])   

  • ジャック=ルイ・ダヴィッド《マラーの死》(1793)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

ベルギー王立美術館のエデュカ・チームは、来館者向けの解説を行なうグループで、不定期に企画展や個別テーマに沿った冊子を発行しています。オンラインでも閲覧可能。ただしフランス語、オランダ語のみ。

ニュースレターは美術館サイトにて登録可能。

そのほか『ベルギー王立美術館古典美術館名作ガイド』(日本語、15ユーロ)あり。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ベルギー
所在地
Rue de la Régence 3, Bruxelles  
Tel
+32 (0)2-508-3211
Fax
+32 (0)2-508-3232
URL
http://www.fine-arts-museum.be/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

山本浩幸。在ブリュッセル。出版人/インスピレーション出版。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.04.23-
2019.09.08

「アニエス・ギョーム:4MY's+」展
https://www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/agnes-guillaume

ベルギーのアーティスト、アニエス・ギョームは、2010年にビデオアートの作品を制作しはじめる前は、ミュージシャンであり、俳優であり、作家でした。これらのメディアを通して、内省的で象徴的な、夢のようでありながらも現実とつながっている物語を作品として提示します。最終的にそれらを絵画にするために、土やパステルといったことなる材料を使います。

2019.08.20

ページトップへ