世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|オーストリア

オーストリア絵画館Museum und Schloss Belvedere Österreich

ベルヴェデーレ宮殿は上宮(オーストリア絵画館)と下宮からなり、オーストリア史上最も著名な軍司令官、オイゲン公(1663-1736)が居城としていた建物です。バロックを代表する建築家、ルーカス・フォン・ヒルデブラント(1668-1745)が設計、18世紀前半に夏の離宮として建設されました。宮殿とヨーロッパ式の左右対称な広い庭園は、世界で最も美しいバロック宮殿とも言われています。上宮には中世から現代にいたるまでのオーストリア美術の作品が展示されています。充実した収蔵品のなかでも、クリムト・コレクションは常設展示とされ、世界一の作品数を誇ります。下宮では、オイゲン公が住居とした豪華な部屋の数々の展示に加え、企画展などが催されています。併設されているオランジェリーでも特別展などが催されています。


  

  

主なコレクション

  • グスタフ・クリムト《接吻》(1907-1908)   

  • グスタフ・クリムト《ユーディット》(1901)   

  • グスタフ・クリムト《フリッツァ・リードラー》(1906)   

  • グスタフ・クリムト《ヒマワリの咲く庭》(1906)   

  • エゴン・シーレ《ライナー家の少年》(1910)   

  • フェルディナンド・ゲオルグ・ヴァルトミュラー《聖体拝受日の朝》(1857)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。
ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、オーストリア
所在地
Prinz-Eugen-Straße 27 1030 Wien  
Tel
+43 1 795-57-134
Fax
+43 1 795-57-136
URL
http://www.belvedere.at/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

21er Haus
http://www.21erhaus.at/en
20世紀から現代にいたるまでのオーストリア美術を主に展示。定期的に企画展やパフォーマンスなどを催しています。ミニシアター、ブックショップ、カフェレストランが併設されています。庭にはいくつかの彫刻作品の展示されています。

備考

  

野々垣綾。ウィーン応用芸術大学ファッション科を卒業後、自身のブランドをウィーンで設立。ウィーン在住。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.07-
2019.09.15

「キキ・スミス:プロセッション」展(ローワー・ベルヴェデーレ)
https://www.belvedere.at/exhibition_kiki_smith

ニュルンベルク生まれのアメリカ人アーティスト、キキ・スミス(1954-)は、個人的な思い出、歴史的な出来事、社会的・政治的な変化が作品のベースとなっています。彼女はアイデンティティ、所有権、身体のコントロールなどの人間の存在に関する問題に興味を持っています。本展では、最近の作品を含む、過去30年間で制作され約60の彫刻作品に焦点を当てます。

2019.06.28-
2019.10.27

「モニカ・ボンヴィチーニ:怒りを隠せない」展(ベルヴェデーレ21)
https://www.belvedere.at/en/monica-bonvicini

1990年代半ば以降、モニカ。ボンヴィチーニ(1965-)は、政治的、社会的、制度的な状況とそれらが社会に与える影響、そして芸術的生産の状況に及ぼす影響を調べてきました。彼女の作品は、直接的で、容赦のない、政治的なものであり、その過程で、建築、ジェンダーの役割、管理システム、そして権力のあいだの関係に焦点を当てています。

2019.08.20

ページトップへ