世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|チェコ

チェコ国立プラハ美術工芸博物館Uměleckoprůmyslové museum v Praze

プラハ美術工芸博物館はチェコの首都プラハにある工芸美術専門の国立博物館です。1885年に設立され、1900年に建築家ヨーゼフ・シュルツが設計した現在のネオルネサンス様式の建物に移りました。最大の見どころはガラス製品をはじめとしたボヘミア地域の工芸品コレクションで、質、量ともに世界最高の水準を誇っています。展示物はほかにも陶磁器、金属製品、木工品、家具、宝飾品、衣服、玩具、テキスタイル、グラフィックアートなど多岐にわたり、見ごたえ十分です。


(cc) Kirgyt12

  

主なコレクション

  • アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ディヴァン・ジャポネ》(1892)   

  • アルフォンス・ミュシャ《ルフェーヴル=ユティル社のビスケット》(1896)   

  • 《中国風装飾のあるティーポット》(1725-1730)   

  • 《虹色のカップ》(1835-1840年頃)   

  • 《甲虫が描かれた皿》(1888)   

美術館発行媒体

美術館サイトにて出版物のラインナップを閲覧できます。

一部紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、チェコ
所在地
17. Listopadu 2, Praha 1  
Tel
+420 251-093-111
Fax
+420 251-093-296
URL
http://www.upm.cz/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
  

「プレイドオブグラス:1946 - 2019」展
https://en.upm.cz/pleiad-of-glass-1946-2019/

本展は、アート展示用のガラス製品で構成されています。プラハの装飾美術館のコレクションから、およそ50の大規模な彫刻を合わせて拡張されました。

2019.10.17-
2020.06.21

「歴史の終焉のイメージ。チェコの視覚文化1985-1995」展
https://www.upm.cz/images-of-the-ends-of-history-czech-visual-culture-1985-1995/

2019年はチェコスロバキアのビロード革命から30周年の年でした。ペレストロイカの始まりから新しい民主的な政治やメディア環境の確立まで、1985年から1995年までの写真と関連のメディア(グラフィックデザイン、ビデオ、漫画、映画、テレビ)を通じて紹介し、チェコ社会における相互に関連する政治とメディアの変化に焦点を当てます。

2020.02.19-
2020.09.20

「BOŽENA SUDKOVÁ / ヨゼフ・スデック:子ども時代の風景」展
https://www.upm.cz/bozena-sudkova-josef-sudek-their-childhood-landscape/

チェコの写真家ヨゼフ・スデック(1896-1976)の人生で重要な人物は母親と姉のBOŽENAでした。彼女は1930年からプラハのスタジオに住んでヨゼフと一緒に働き、家族経営のサポートをしていました。ヨゼフの死後、彼女はヨゼフの芸術的財産を美術館や他の機関に寄贈しました。本展では、姉と弟の撮った写真が彼らが幼少期を過ごした土地へと連れて行ってくれます。

2020.02.27-
2020.09.27

「金のきらめき、色彩の輝き」展
https://www.upm.cz/gleam-of-gold-blaze-of-colours/

当館の開館135周年を機に企画され、独自のコレクションを中心に組み立てられた本展は、修復調査とともに長年にわたって行われた専門的な研究の成果です。展示品は、古代後期、中世、ルネサンス、バロック時代から18世紀後半から19世紀に至るまでの幅広い期間を網羅しています。ガラスの反転絵画は、古代から19世紀まで合計387点にのぼり、その中には、サイズは小さくても価値の高い絵画135点も含まれています、

2020.05.20

ページトップへ