世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ポーランド

ワルシャワ国立美術館Muzeum Narodowe w Warszawie

ワルシャワ国立美術館はポーランドの首都ワルシャワにある国内最大級の美術館です。1862年に創設された王立美術館が前身で、1916年に現在の名称になりました。所蔵品は古代エジプトや古代ギリシャ時代のものから現代の作品まで幅広くカバー。特にクレーフェやクラナッハなど、北方ルネサンスの佳作が多いことで知られています。また、ファボルスキやマテイコ、ヴィスピャンスキ、メホッファーなど、ポーランド絵画に関しては世界的なコレクションを誇っています。


(cc) Beax

  

主なコレクション

  • ルーカス・クラナッハ(父)《アダムとイヴ》(1510)   

  • カレル・ファブリティウス《ラザロの復活》(1642年頃)   

  • ヤン・マテイコ《グルンヴァルトの戦い》(1878)   

  • スタニスワフ・ヴィスピャンスキ《自画像》(1902)   

  • ユゼフ・メホッファー《奇妙な庭》(1903)   

  • ヤチェク・マルチェフスキ《ポーランドのハムレット》(1903)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ポーランド
所在地
Aleje Jerozolimskie 3, Warszawa  
Tel
+48 22-621-1031
Fax
+48 22-622-8559
URL
http://www.mnw.art.pl/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.05.17-
2019.08.25

「オーガスト・ザモイスキ:作品保護」展
http://www.mnw.art.pl/en/temporary-exhibitions/the-masterpieces-of-august-zamoyski-conservation-work,41.html

ポーランドの彫刻家オーガスト・ザモイスキ(1893-1970)の彫刻コレクションが2019年に当館に収蔵されました。ザモイスキは旅行が好きで、引越が多かったため、作品は何度も移され、さまざまな場所で展示されました。彼の死後、残された妻はフランスの深い森の中に小さな美術館を建てました。これらのコレクションが今回ワルシャワに運ばれました。本展では93点の作品を展示し、彼の創作活動を振り返ります。

2019.08.20

ページトップへ