世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スウェーデン

スウェーデン国立美術館Nationalmuseum

スウェーデン国立美術館はスウェーデンの首都ストックホルムにある美術館です。「ストックホルム国立美術館」と呼ばれることも。16世紀の国王グスタフ1世が収集したルーカス・クラナッハらの作品が収蔵品の基礎をなしており、以降バイエルンやデンマークに侵攻するたびに戦利品を持ち帰りコレクションを拡大していきました。1866年に現在のルネサンス様式の建物に国立美術館として開館。1958年には収蔵品の増加にともない、20世紀美術部門は新設の近代美術館に移されました。王家の作品収集の履歴を反映するかのように、17世紀のオランダ絵画、18世紀フランスのロココ絵画が質、量ともに充実しており、コレクションの中核をなしています。


bergsten

  

主なコレクション

  • ルーカス・クラナッハ(父)《支払い(不釣合いなカップル)》(1532)   

  • ユディト・レイステル《フルートを吹く少年》(1635年頃)   

  • レンブラント・ファン・レイン《クラウディウス・キウィリウスの謀議》(1662)   

  • フランソワ・ブーシェ《ヴィーナスの勝利》(1740)   

  • ギュスターヴ・クールベ《美しきアイルランド女(ジョーの肖像)》(1866)   

  • ピエール=オーギュスト・ルノアール《ラ・グルヌイエール》(1869)   

  • ポール・ゴーギャン《ブルターニュの風景》(1889)   

  • カール・ラーション《白樺の木陰での朝食》(1896)   

  • アンデシュ・ソーン《真夏のダンス》(1897)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スウェーデン
所在地
Södra Blasieholmshamnen, Stockholm  
Tel
+46 8-5195-4300
Fax
+46 8-5195-4450
URL
http://www.nationalmuseum.se/sv/English-startpage/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

現在は本館改修のため、市内のさまざまな場所で展示が行なわれています。

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.09.05-
2020.01.12

「1989-文化と政治」展
https://www.nationalmuseum.se/en/utställningar/1989-kultur-och-politik

1989年11月9日、ベルリンの壁が崩壊して冷戦が終わり、自由資本主義と共産主義の闘いは終わりました。この年は他に、南アフリカのアパルトヘイト体制の崩壊、中国の天安門広場での学生デモが大虐殺での終焉、インターネットの登場、エイズの世界的な流行などがありました。本展では、ドキュメンタリー写真、ポートレイト、ポスター、映像、デザインなどの作品を通して、自由と不自由、国境と国境がないといった概念について再考します。

2019.11.20

ページトップへ