世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スウェーデン

イェーテボリ美術館Göteborgs konstmuseum

イェーテボリ美術館はスウェーデンの南西部の港湾都市イェーテボリにある美術館です。1923年、イェーテボリ博物館のコレクションの増大にともない、美術部門が分離独立するかたちで開館しました。コレクションの核になっているのは、国内最大の美術収集家であり、画家のカール・ラーションやアンデシュ・ソーンらのパトロンでもあったポントゥス・フュシュテンベリーによって寄贈された作品群です。それらは主に寄贈者の名前を冠したフュシュテンベリー・ギャラリーに収められています。展示作品はほかにも近現代の北欧美術を中心に、ゴッホ、モネ、ピカソらの重要な作品も含まれています。


(cc) Emil Lundaahl

  

主なコレクション

  • パール・ハッセルベリ《スノー・ベル》(1885)   

  • ペーダー・セヴェリン・クロイヤー《芸術家たちの祝宴》(1887-1888)   

  • アンデシュ・ソーン《屋外》(1888)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《サン=レミのオリーブ畑》(1889)   

  • カール・ラーション《宿題》(1898)   

  • パブロ・ピカソ《アルルカンの家族と猿》(1905)   

  • クロード・モネ《睡蓮》(1907)   

  • マルク・シャガール《花と鶏》(1929)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スウェーデン
所在地
Götaplatsen, Göteborg  
Tel
+46 31-368-3500
Fax
+46 31-368-3526
URL
http://konstmuseum.goteborg.se/wps/portal/konstm/english

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.03.14-
2020.08.16

「Printed」展
https://goteborgskonstmuseum.se/en/printed/

この展覧会では、15世紀、16世紀、17世紀の巨匠による版画を紹介しながら、ヨーロッパのマスメディアの誕生について洞察するとともに、作品が美術史にどのように組み込まれているか、また、印刷技術が可能にした事柄について議論します。デューラー、レイデン、ライモンディなど有名な版画家による作品を約100点ご覧いただけます。

2019.10.26-
2020.09.27

「曲芸師家族の詳細な研究ーピカソの観点」展
https://goteborgskonstmuseum.se/en/exhibitions/a-close-study-of-acrobat-family-perspectives-on-picasso/

当館が所有する「曲芸師家族と猿」は、パブロ・ピカソのばら色の時代の象徴的な作品のひとつです。ピカソは、曲芸師の日常生活をサーカスの世界の舞台裏で、しばしば憂鬱のほのめかしで描いています。本展では、他の7点の作品とともにこの作品の詳細を紹介します。

2020.04.18-
2020.09.20

「トリーネ・ソンダーガード」展
https://goteborgskonstmuseum.se/en/exhibitions/trine-sondergaard-eng/

デンマーク出身でコペンハーゲンを拠点に活動している写真家、トリーネ・ソンダーガード(1972-)の初めての個展です。ビジョンと視線が基本的なテーマである彼女の作品は、客観的でドキュメンタリー的な態度に基づいており、デビュー以来、憂鬱、喪失、言語を超えた精神状態としてのイメージが底流している点が特徴とされてきました。本展では、2005年から2020年までに制作された写真作品が展示されます。

2020.05.20

ページトップへ