世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|デンマーク

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館Ny Carlsberg Glyptotek

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館はデンマークの首都コペンハーゲンにある美術館です。「ニー・カールスベア美術館」「ニュー・カールスバーグ美術館」とも。世界に名だたるビール会社カールスバーグ社の創業者一族の私的なコレクションが収蔵品の基礎をなしています。1888年にその大部分を国に寄贈。1897年、国と市はチボリ公園に隣接する土地に、建築家ウィルヘルム・ダーララップによって設計された現在の美術館を開館しました。フランス国外では最も重要と言われるロダンの彫刻コレクションやドガの銅像彫刻作品など、グリプトテーク(彫刻陳列館)の名に恥じない彫刻コレクションを有しています。また絵画作品では、印象派とポスト印象派の作品が一際充実しています。


Ib Rasmussen

  

主なコレクション

  • 《王の黒い頭部》(B.C.1842-1795年頃)   

  • 《石棺に横たわる男》(B.C.200年頃)   

  • 《暗殺された皇帝カリグラ》(100年頃)   

  • クリステン・ケプケ《城郭の北門》(1834)   

  • エドゥアール・マネ《アブサンを飲む男》(1859)   

  • エドガー・ドガ《踊り子》(1880-1881)   

  • オーギュスト・ロダン《接吻》(1886)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《サン=レミの風景》(1889)   

  • ポール・ゴーギャン《花を持つタヒチ女》(1891)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能(デンマーク語)。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、デンマーク
所在地
Dantes Plads 7, København V  
Tel
+45 33-41-8141
Fax
  
URL
http://www.glyptoteket.com/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.09.20-
2020.03.01

「パルミラへの道」展
https://www.glyptoteket.com/exhibition/the-road-to-palmyra/

ユーフラテス川と地中海の中間にあるシリア砂漠のエフカ泉にあったパルミラは、古代世界の多文化社会のひとつとして、その魅力的な歴史で再び注目を集めています。このオアシス都市は、貿易ルートとキャラバンルートが交わり、東洋と西洋のあいだで商品と文化の両方を交換するための中心地であると同時に、ローマ帝国の最東端の要塞でもあったためです。本展では、コレクションから、古代の墓の彫刻を出発点とし、100点以上の肖像画、彫刻、写真、絵画などを通してパルミラの文化に出会うことができます。

2019.11.20

ページトップへ