世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • アジア|シンガポール

シンガポール国立美術館Singapore Art Museum

1996年オープンの、19世紀に建てられたミッションスクールを転用した建物が特徴の美術館。ポンピドゥーセンター、グッゲンハイム美術館ほか国外の著名美術館とネットワークを築き、国内の現代美術に対する関心の高まるなか、シンガポールの美術の拠点を担っています。企画展ギャラリーでは多彩な展示が催され、絵画、彫刻、写真、版画など、国内外の作品に数多く触れられます。


(cc) ProjectManhattan

  

主なコレクション

  • ジェレミー・シャーマ《シー・スラブ(タイト・ベッド)》(2006)   

  • ロバート・ジャオ《ブラインド》(2008)   

  • ザイ・クーニン《シリーズ1 & 2》(2006-2008)   

  • チュン・カイフォン《月曜から金曜まで彼は満足し、日曜日に泣きたがる》(2009)   

  • ファンクスタジオ《電気》(2010)   

美術館発行媒体

季刊媒体『クォータリー』は現地にて入手可能。

展覧会カタログはオンラインブックショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
アジア、シンガポール
所在地
71 Bras Basah Road, Singapore  
Tel
+65-6332-3222
Fax
  
URL
http://www.singaporeartmuseum.sg/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

オーディトリアム(旧礼拝堂)、立喰い寿司バー、無料の日本語ガイド(予約不要)あり。

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.09.04-
2021.02.21

「過ぎゆく時」展
https://www.singaporeartmuseum.sg/art-events/exhibitions/time-passes

ヴァージニア・ウルフの小説「灯台へ」を参照して付けられたこのタイトルの展覧会は、時間と感情の動きを捉えています。展示される作品は、さまざまな素材の取り扱いを通じて、世話をすることと、困難や不確実性があっても生活と関係の可能性を明らかにすることへのコミットメントを表しています。

2021.02.20

ページトップへ