世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • オセアニア|オーストラリア

シドニー現代美術館Museum of Contemporary Art Australia

大規模な改修・拡張工事を経て、2012年3月にリニューアルした現代アート専門の美術館。国内外の絵画、彫刻、写真、映像のほか、先住民(アボリジニ)による作品も収集しています。立地のよさも好評で、ポート・ジャクソン湾に面し、眺めのよいテラスからは対岸にオペラハウスを望むことができます。


(cc) Greg O'Beirne

  

インフォメーション

地域
オセアニア、オーストラリア
所在地
140 George Street, The Rocks, Sydney  
Tel
+61 2-9245-2400
Fax
+61 2-9252-4361
URL
http://www.mca.com.au/(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2021.06.25-
2021.10.03

「ボストン美術館からのフランス印象派」展
https://www.ngv.vic.gov.au/exhibition/french-impressionism/

豊富な印象派の絵画コレクションを所蔵していることで世界的に有名なボストン美術館とともに、100点を超えるフランス印象派の絵画展を開催します。本展では、モネ、ルノワール、ドガ、ピサロ、カサットなどの作品から、19世紀後半のこの芸術運動の軌跡を描きます。

2021.06.25-
2021.10.03

「ゴヤ:プラド美術館からのドローイング」展
https://www.ngv.vic.gov.au/exhibition/goya/

フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)は、ユーモラスな観察、暴力の描写、そして超現実的なファンタジーの飛行を道具に、当時他にはなかった人類のビジョンを描いた、真に現代的なアーティストのひとりであると考えられています。本展では、初期の社会風刺から晩年の謎めいたビジョンや夢まで、160点以上のドローイング作品を紹介します。

2021.06.25-
2021.10.03

「マリー・クラーク:先祖の記憶」展
https://www.ngv.vic.gov.au/exhibition/maree-clarke/

メルボルンを拠点に活動しているアーティスト兼デザイナーのマリー・クラーク(1961-)は、オーストラリア南東部のアボリジニの芸術と文化的慣習の再生において大変重要な人物です。彼女は、植民地化の結果として失われたり、休眠状態にあるアボリジニ文化を復活させ、共有したいと考えています。本展では、写真、版画、彫刻、ジュエリー、映像、ガラスなどの作品を通して、30年以上にわたる彼女のキャリアを紹介します。

2021.09.20

ページトップへ