世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • オセアニア|ニュージーランド

オークランド美術館Auckland Art Gallery Toi o Tamaki

1888年に創設されたニュージーランド国内では最も古く、最も規模が大きい美術館。当時の建物を残しながら、2011年9月にリニューアル・オープンしました。1万5千点を超えるコレクションは国内外の絵画、彫刻、印刷物など現代美術が中心ですが、マオリ族の文化財や、太平洋の島々に住むアーティストたちの作品を扱っているのが特徴となっています。


(cc) Mark

  

主なコレクション

  • トレヴァー・ロイド《モアの死》(1925)   

  • レイモンド・マッキンタイア《フェリス》(1913)   

  • マルコ・ドッジョーノ《聖母子》(1490年頃)   

  • チャールズ・バロー《オタキ、ランギアテア教会の内装》(1852年頃)   

ミュージアムグッズ情報



  • 展覧会カタログ『Reading Room』


  • 展覧会カタログ『The Walters Prize 2012』


  • 展覧会カタログ『Made Active』

美術館発行媒体

機関誌『Gallery Quarterly』(1956−1978年までのPDFをダウンロード可能)
機関誌『On Show Magazine』(2006−2011年までのPDFをダウンロード可能)

インフォメーション

地域
オセアニア、ニュージーランド
所在地
Corner Kitchener and Wellesley Streets, Auckland  
Tel
+64 9-379-1349
Fax
  
URL
http://www.aucklandartgallery.com/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

イベントホール

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2021.06.05-
2021.10.10

「固く溶解したようなものすべて」展
https://www.aucklandartgallery.com/whats-on/exhibition/all-that-was-solid-melts

パンデミックにより私たちは、家族、仕事、社会、レジャーなどすべてがしっかりしていて当然のことと思っていたものすべてが溶けたり、壊れたりする可能性があることに気づきました。あらゆる物事は変化しやすく、新しい状況で生き延びるためには適応しなければならないのです。本展では、再構築のための脱構築を促す、世界をリードする現代アーティストによる作品を紹介します。

2021.06.19-
2023.12.31

「Guide Kaiārahi」展
https://www.aucklandartgallery.com/whats-on/exhibition/guide-kaiarahi

ルーベン・パターソン(1973-)によって制作された595個の虹色の結晶彫刻は、高さ10メートルのワカというマオリの航海用のカヌーです。1886年にタラウェラ山が噴火する10日前に、タラウェラ湖に幻のワカが現れたという有名な伝説にインスピレーションを得て作られました。

2021.09.20

ページトップへ