世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

ルートヴィヒ美術館Museum Ludwig

ケルンの大聖堂の裏手にある現代美術館。1976年2月5日、ペーター・ルートヴィヒと妻イレーネは350点の現代アート作品をケルン市に寄贈する書類に署名し、新しく建てられた美術館が1986年に開館されました。コレクションは20-21世紀の現代アートの潮流を総観できる内容です。キュビスム、アヴァンギャルド、シューレアシルム、バウハウス、ポップアート、そして19-20世紀の写真、インスタレーション作品など。2001年に追加寄贈された774点のピカソの作品も魅力のひとつです。2012年に就任した40代の館長フィリップ・カイザーの指揮で、現代アート作品の新規獲得や斬新な企画展に挑戦しています。


(cc) Thomas Robbin

  

主なコレクション

  • アウグスト・マッケ《緑のジャケットの女》(1913)   

  • マックス・エルンスト《友人たちの再会》(1922)   

  • パブロ・ピカソ《アーティチョークの女》(1941)   

  • アンディ・ウォーホル《二人のエルヴィス》(1963)   

  • サルヴァドール・ダリ《ペルピニャン駅》(1965)   

  • ロイ・リキテンシュタイン《多分》(1965)   

  • ゲルハルト・リヒター《エマ/階段のヌード》(1966)   

  • ジェフ・ウォール《女と医師》(1980-81)   

  • マリア・ラッシング《銃の力》(1983)   

  • ビル・ヴィオラ《挨拶》(1995)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

Facebook(オランダ語のみ)
Vimeo(ドイツ語・英語字幕付)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
KölnHeinrich-Böll-Platz
Tel
+49 221-2212-6165
Fax
+49 221-2212-4114
URL
http://www.museum-ludwig.de/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

■レストラン(サイトはドイツ語のみ)
有機食材、スローフード、飼育環境に配慮された家畜の肉を使用など、こだわりのレストラン。http://www.ludwig-im-museum.de/
■オンラインショップはカタログなど書籍のみ販売。
http://www.museum-ludwig.de/en/shop.html
■図書館
近現代アート、写真、ベネルクス3国に関する書籍が充実している。
http://www.museum-ludwig.de/en/museum/forschung/kunst-und-museumsbibliothek.html

備考

  

山本浩幸。在ブリュッセル。編集者。インスピレーション出版。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.07.13-
2019.09.29

「家族の絆:シュレーダー寄贈」展
https://www.museum-ludwig.de/en/exhibitions/family-ties.html

1990年代、ケルンで新しいアートシーンが形成され始めたころ、アレクサンダー・シュレーダーはこれらの動きをベルリンから追いかけました。そして自身のギャラリーを設立すると同時に、1990年代と2000年代からアート作品を集め始めました。本展では、当館に寄贈された大規模なインスタレーションを含むコレクション29点の中からセレクトされた作品をご覧いただけます。

2019.08.20

ページトップへ