世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ベルギー

アントワープ王立美術館Koninklijk Museum voor Schone Kunsten Antwerpen

フランダースの重要な画家の作品を中心に7600点の絵画、彫刻、デッサン、版画を所蔵しています。中心となるのはルーベンスなどフランダース絵画やその後の表現主義、ジェームズ・アンソールやリック・ウォーテルスなど。その他にもジャン・フーケやティツィアーノ、モディリアーニの絵画、ザッキンやロダンの彫刻も所蔵しています。
1890年8月11日に開館した建物は老朽化が進み、2011年5月から大がかりな改修工事のため2019年末まで閉休館中です。フランダース政府が4400万ユーロの巨費を投じて工事が行なわれ、19世紀の歴史ある外観はそのままに、内部は現代的な快適さを獲得するプランが進行中です。


© Kristien Daem

  

主なコレクション

  • シモーネ・マルティーニ《オルシーニ多翼祭壇画》(14世紀)   

  • ジャン・フーケ《ムランの聖母子》(1452)    

  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデン《フィリップ1世ド・クロイの肖像》(ca.1460)   

  • ハンス・メムリンク《父なる神と奏楽の天使たち》(15世紀)   

  • ハンス・メムリンク《ベルナルド・ベンボの肖像》(ca.1473-1474)   

  • ヤン・ブリューゲル(父と子)《花瓶の花》(17世紀前半)   

  • ペーテル・パウル・ルーベンス《凍えるヴィーナス》(1614)   

  • ヘンリ・レイス《1520年にアントワープを訪れるアルブレヒト・デューラー》(1855)   

  • アレキサンドル・カバネル《有罪の囚人で毒を試すクレオパトラ》(1887)   

  • ジェイムズ・アンソール《陰謀》(1890)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

Facebook(オランダ語のみ)
Twitter(オランダ語のみ)
Blog(オランダ語のみ)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ベルギー
所在地
AntwerpenLeopold de Waelplaats
Tel
+32 (0)3-224-9550
Fax
  
URL
http://www.kmska.be/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

書店あり(休館中)

備考

改修工事のため休館中です。

山本浩幸。在ブリュッセル。編集者。インスピレーション出版。

2019.08.20

ページトップへ