世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ベルギー

ゲント美術館Museum voor Schone Kunsten Gent

ゲント美術館は、豊かな歴史を反映した中世のフランダース絵画から20世紀前半までの作品を展示しています。特にベルギー出身画家の作品を堪能したい方にオススメです。
ゲントはフランダース地方の歴史都市で、ヤン・ファン・エイクの代表作《神秘の子羊》を所蔵する聖バーフ大聖堂があることでも有名です。現在《神秘の子羊》の大規模な修復はこの美術館で行なわれ、一般の来館者が作業の様子を見ることができるようになっています。2012年から2017年までパネルごとに作業は行なわれ、その他のパネルは聖バーフ大聖堂で見学できます。


  

  

主なコレクション

  • ヒエロニムス・ボッシュ《十字架を担うキリスト》(1510-16)   

  • ピーテル・ブリューゲル2世《農民の結婚》(1616年以降)   

  • アントニー・ヴァン・ダイク《ユピテルとアンティオペー》(ca.1620)   

  • グスターフ・ファン・ド・ウーステイン《田舎娘》(1913)   

  • フランシス=ジョセフ・ナヴェ《ビナスコの聖女ヴェロニカ》(1816)   

  • フェルナン・クノップフ《香》(ca.1898)   

  • アルフレッド・スティーヴンス《マグダラのマリア》(1887)   

  • ジェイムズ・アンソール《老婦人とマスク》(1889)   

  • ギュスターヴ・ド・スメット《アムステルダムの緑のドームがある教会》(1919)   

  • ルネ・マグリット《視点II マネのバルコニー》(1950)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ベルギー
所在地
Fernand Scribedreef 1, Citadelpark, Gent  
Tel
+32 (0)9-240-0700
Fax
+32 (0)9-240-0790
URL
http://www.mskgent.be/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

山本浩幸。在ブリュッセル。編集者。インスピレーション出版。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2017.10.21-
2019.12.31

「ボッシュからチュイマンへ:重要な物語」展
https://www.mskgent.be/nl/tentoonstellingen/restauratie-lam-gods

本館はは、2017年秋に常設展示のプレゼンテーションを改訂しました。2002年から2007年にかけての美術館の建物の改装と2007年の再オープンから10年が経ちました。 私たちの永久的なコレクションで。 強調されているのは、美術館のコレクションの中心となる強みである19世紀と20世紀の芸術です。

2019.08.20

ページトップへ