世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

サンフランシスコ近代美術館San Francisco Museum of Modern Art

アメリカ西海岸初の近現代専門の美術館として1935年にオープンしました。MoMA(ニューヨーク近代美術館)と区別するためにSan Franciscoの頭文字を付加してSFMOMAと略記されます。コレクションは絵画、彫刻、写真、建築、デザイン、メディア・アートと多岐にわたっています。1995年にオープンしたマリオ・ボッタ設計による美術館は、拡張工事に伴い2013年6月より閉館中(スノヘッタ設計による新館が2016年に開館予定)。現在はサンフランシスコのベイエリアにあるパートナー美術館など他会場で展覧会を行なっています。


(cc) Kiyokun

  

主なコレクション

  • マルセル・デュシャン《泉》(1917/1964)    

  • マン・レイ《無題(レイヨグラフ)》(1922)    

  • マーク・ロスコ《No. 14, 1960》(1960)    

  • ジャスパー・ジョーンズ《世界の果て》(1963)    

  • 倉俣史郎《Revolving Cabinet》(1970)    

  • ヴィト・アコンチ《コマンド・パフォーマンス》(1974)    

美術館発行媒体

複数のソーシャル・メディアを活用したオンライン・コミュニティが用意されています。

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能です。

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
51 3rd St, San Francisco, CA  
Tel
+1 415-357-4000
Fax
  
URL
http://www.sfmoma.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

美術館の拡張工事のため2016年まで閉館中。イエルバ・ブエナ・レーンとサンフランシスコ国際空港にミュージアム・ストアがある。

備考

拡張工事に伴い2013年6月より閉館中(スノヘッタ設計による新館が2016年に開館予定)。現在はサンフランシスコのベイエリアにあるパートナー美術館など他会場で展覧会を行なっています。

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.11.16-
2020.04.12

「2019 SECA アートアワード:ケニヤッタ・A・C・ヒンクル、サハール・ホーリー、マーロン・マレン」展
https://www.sfmoma.org/exhibition/2019-seca-art-award/

"本展では、3人のベイエリアのアーティストが展示します。
ケニヤッタA.C.ヒンクルは、現代生活における永続的な歴史の残余をテーマにした学際的な実践を展示します。サハール・ホーリーは、捨てられた素材を生き生きとした彫刻に変えます。マーロン・マレンは、雑誌の表紙を主な素材として、鮮やかに描かれた抽象画に変えます。"

2019.01.04-
2020.03.10

「エラッド・ラスリー」展
https://www.sfmoma.org/exhibition/elad-lassry/

"本展でラスリーは、3つの作品群を展示します。販売カタログのアーカイブ画像を使用したコラージュ写真とスナップショット。架空のファッションキャンペーンのアウトテイク。使用済みのオートバイのガスタンクで作られたコンテナのような構造体。ラスリーは、写真と彫刻の意図的な衝突を発生させ、現代の文化における写真の意味そのものに疑問を投げかけながら、写真媒体に固有の知覚的なパラドックスを強調します。

"

2020.02.15-
2019.03.25

「ダウード・ベイ:アメリカン・プロジェクト」展
https://www.sfmoma.org/exhibition/dawoud-bey-an-american-project/

この回顧展では、初期のハーレムの住民のポートレイトや高校生のポートレイトなど、黒人(アフリカ系アメリカ人)の歴史を直接的かつ詩的で、即時的かつ象徴的に描写した作品群を展示します。また、アラバマ州バーミンガムにある16番街バプテ​​スト教会の1963年の爆撃を、深く情緒的なポートレイトを通して表現したバーミンガム・プロジェクト(2012)も展示されます。

2020.02.20

ページトップへ