世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

クリーヴランド美術館Cleveland Museum of Art

1913年設立、1916年にオープン。アメリカ有数の総合美術館として知られる。コレクションは、中国美術、近代ヨーロッパ美術、アフリカ美術、ドローイング、版画、ヨーロッパの絵画と彫刻、テキスタイルとイスラム美術、アメリカの絵画と彫刻、ギリシャとローマの美術、現代美術、中世美術、装飾芸術とデザイン、古代アメリカとオセアニアの美術、写真と現代美術など複数のセクションに分けられ45000点にもおよぶ所蔵品を誇る。1971年にはマルセル・ブロイヤーによる拡張計画、2013年にはラファエル・ヴィニオリによる改修拡張計画が実施された。特別な場合を除き入場無料。


(cc) Franchécomte
クリーヴランド美術館 南からの眺め

  

主なコレクション

  • 安藤広重《岡崎 矢矧之橋》(1833)    

  • ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット《水面に映る冬の木》(1841-1842)    

  • パブロ・ピカソ《人生》(1903)    

  • エル・リシツキー《マネキン》(1920年代)    

  • クリスト《包まれた椅子》(1961)    

  • アンディ・ウォーホル《Marilyn x 100》(1962)    

  • 森山大道《葉山》(1966)   

美術館発行媒体

公式ブログ

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
11150 East Boulevard, Cleveland, Ohio  
Tel
+1 216-421-7350
Fax
  
URL
http://www.clevelandart.org

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.07.07-
2019.10.06

「中世のモンスター:恐怖、エイリアン、不思議」展
http://www.clevelandart.org/exhibitions/medieval-monsters-terrors-aliens-wonders

モンスターは今日の私たちを魅了し続けているように、中世の人びとも魅了しました。本展は、モーガン図書館と博物館の優れた写本コレクションを通して、「恐怖」「エイリアン」「不思議」の3つのセクションに分けて中世におけるモンスターの社会的な役割を探ります。

2019.05.25-
2019.09.22

「蔡國強:電光石火のカヤホガ川」展
http://www.clevelandart.org/exhibitions/cai-guo-qiang-cuyahoga-river-lightning

本展は、中国出身のアーティスト、蔡國強(1957-)による3つの火薬作品を展示します。「電光石火のカヤホガ川:クリーヴランド美術館のためのデッサン(2018)は、展覧会のために制作されました。他の二つの作品は、惑星、野生動物、衰退しつつある自然をテーマにしています。

2019.08.20

ページトップへ