世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

ホイットニー美術館Whitney Museum of American Art

ホイットニー美術館は鉄道によって財を成したヴァンダービルト家の令嬢であるガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーによって、1931年にニューヨークのマンハッタンに設立されました。「ホイットニー・アメリカンアート美術館」という正式名称が物語るように、当時冷遇されていた自国の美術家たちを助成・紹介する目的で設立された当美術館は、今日に至るまでアメリカのモダンアートを牽引する役割を担ってきました。収蔵品もアメリカの近現代美術が中心で、なかでもアレクサンダー・カルダー、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、エドワード・ホッパーなどは世界に誇るコレクションを形成しています。また、2年に一度開催されるホイットニー・ビエンナーレは、現代アメリカのアートシーンの登竜門的存在として知られています。


View from Gansevoort Street. Photographed by Ed Lederman, 2015.


View from Gansevoort Street. Photograph by Karin Jobst, 2014.

主なコレクション

  • ロバート・ヘンリー《ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニー》(1916)   

  • ジョージ・ベローズ《デンプシーとフィルポ》(1924)   

  • アレクサンダー・カルダー《サーカス》(1926–31)   

  • エドワード・ホッパー《日曜日の早朝》(1930)   

  • ジョージア・オキーフ《夏の日々》(1936)   

  • アンドリュー・ワイエス《冬の草原》(1942)   

  • ジャクソン・ポロック《No.27》(1950)   

  • ジャスパー・ジョーンズ《3つの旗》(1958)   

  • アンディ・ウォーホル《緑色のコカ・コーラの瓶》(1962)   

  • ロイ・リキテンスタイン《窓のなかの少女》(1963)   

美術館発行媒体

カタログは美術館サイトにて購入可能。

ホイットニーゆかりのアーティストに関連した出版物は美術館サイトにて購入可能。

その他刊行物も美術館サイトにて購入可能です。

プレスリリースはこちらからダウンロード可能。

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
99 Gansevoort Street New York, NY  
Tel
+1 212-570-3600
Fax
  
URL
http://whitney.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.03.29-
2019.08.31

「スピリング・オーバー:1960年代の色彩絵画」展
https://whitney.org/exhibitions/spilling-over

1960年代から1970年代はじめ、多くの画家が新しく採用したのがアクリル絵具でした。色彩を扱う画家たちは、その技術的可能性とより広い範囲の色相を探求しました。オプアートの画家たちは、パターンや幾何学的配置、激しい色の組み合わせを展開しました。また、女性のアーティストたちは、人種、性別、空間コードにおける色の可能性を追求しました。形式的であると同時に、政治的な声明にもなりうる色彩を、当時の作品を通して再考します。

2019.05.17-
2019.09.22

「ホイットニー・ビエンナーレ2019」展
https://whitney.org/exhibitions/2019-biennial

過去1年間でもっとも重要で関連性の高い作品を求めてアーティストを訪問し、絵画、彫刻、インスタレーション、映画、映像、写真、パフォーマンス、サウンドの分野で活躍する75名のアーティストとグループの作品が集められました。今日の芸術で何が起こっているのかを知りたいという人には必見の展覧会です。

2019.08.20

ページトップへ