世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アートNew Museum of Contemporary Art

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アートは、1977年に元ホイットニー美術館キュレーターのマーシャ・タッカーによってニューヨークのトライベッカ地区に開設されました。以来「新しいアート、新しいアイディア」という理念のもと、有名無名を問わず実験的な作品を積極的に収集・展示し、ニューヨークのアートシーンを刺激する存在であり続けています。2007年にはマンハッタンのバワリー地区に移転。妹島和世+西沢立衛(SANAA)とゲンスラー・アンド・アソシエイツによって設計された不揃いな箱を積み上げたような建物は、そのユニークな外観から大きな注目を集めました。7階のスカイルームのテラスからはマンハッタンの街並みを一望することができます。


(cc) Moritz Schmaltz

  

主なコレクション

  • キース・ヘリング《無題》(1983)   

  • ダン・グレアム《ロック・マイ・レリジョン》(1984)   

  • クリスチャン・ボルタンスキー《モニュメント:ディジョンの子供たち》(1986)   

  • デヴィッド・ヴォイナロヴィッチ《クイア・バッシャー/イカロスの墜落》(1986)   

  • ハンス・ハーケ《グローバル・マーケティング》(1986)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館サイトにて購入可能。

美術館サイトよりプレスリリースがダウンロード可能。

公式ブログ

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
235 Bowery Manhattan, New York, NY   
Tel
+1 212-219-1222
Fax
  
URL
http://www.newmuseum.org

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

シアターあり

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.26-
2019.10.06

「ルバイナ・ヒミッド:WORK FROM UNDERNEATH」展
https://www.newmuseum.org/exhibitions/view/lubaina-himid-work-from-underneath

1980年代、90年代のイギリス黒人芸術運動の先駆者で、ターナー賞を受賞したイギリス人アーティスト、ルバイナ・ヒミッド(1954-)による新作を含む作品を発表する、アメリカでははじめての個展です。ドローイング、絵画、彫刻、テキスタイル作品は、植民地主義の結果を批判し、芸術やメディアにおける有色人種の不可視性に疑問を投げかけています。

2019.09.20

ページトップへ