世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フィンランド

ヘルシンキ現代美術館Museum of Contemporary Art Kiasma

1998年に開館したフィンランド国立美術館傘下の現代美術館。現代美術の啓蒙という役割を通じ、フィンランドにおける芸術の発展を強化する目的を有しています。美術館の設計はアメリカの建築家スティーヴン・ホールによるもので、美術館名は視神経が交差する脳内ポイント「キアズマ」に由来している。8000点におよぶコレクションは、フィンランドおよび周辺国の作家の作品が中心です。


(cc) ZeroOne

  

主なコレクション

美術館発行媒体

ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フィンランド
所在地
Mannerheiminaukio 2, FIN-00100, Helsinki, Finland  
Tel
+358 294-500-501
Fax
+358 294-500-503
URL
http://www.kiasma.fi/en/
http://www.kiasma.fi(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.10.11-
2020.02.02

「ラグナル・ジャルタンソン」展
https://kiasma.fi/en/exhibitions/ragnar-kjartansson/

本作品は、ニューヨーク近郊の壮大な古いRokebyの不動産で撮影されました。個々のビデオのミュージシャンのパフォーマンスは別々に記録されましたが、ギャラリーでは、9つの個々のビデオがひとつの印象的なパフォーマンスに統合されます。

2019.01.01-
2019.12.31

「Here You Are」展
https://kiasma.fi/en/exhibitions/upcoming-here-you-are/

本館の2019年のプログラムのテーマは、贈り物、分かち合い、おもてなし、そして出会いのアイデアを模索する展覧会や公演を年間を通じて演出することです。本館では、視聴者に芸術を作り、喜びとインスピレーションをもたらす力を直接体験するよう招待します。 善は行動から来て、それは分かち合うことで繁栄します。本展はこのテーマを表象する展覧会です。

2019.04.26-
2020.03.01

「共存:キアズマのコレクションの人間、動物、自然」展
https://kiasma.fi/en/exhibitions/coexistence/

現代美術では自然はどのように提示され、人間はどう他の種に関連していると解釈されているのでしょうか? 本展では、人間と自然の関係について考察します。環境問題、自然、および他の生物との人間の共存は、芸術に対する長年の関心のトピックですが、最近、2000年代のエコ危機の中でより鋭い焦点になりました。

2020.01.31-
2020.08.16

「天気予報:将来の予測」展
https://kiasma.fi/en/exhibitions/weather-report-forecasting-future/

キアズマの春のシーズンは、1月31日スタートの本展から始まります。ヴェネツィアビエンナーレの北欧パビリオンで、2019年11月末まで展示していた作品の凱旋展です。

2019.12.20

ページトップへ