世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ルーヴル・ランスLouvre Lens

2012年6月、10年の構想を経てパリのルーヴル美術館の別館にあたるルーヴル・ランスがオープンしました。フランス北部の炭鉱で栄えた町ランスに、日本の建築家SANAAによる設計の風景のなかに消えゆく感覚をコンセプトとした開放的でシンプルな展示空間となっています。「時のギャラリー」と名付けられた展示スペースに 、5年ごとにルーヴル本館から借り受ける紀元前3500年頃から19世紀半ばまでのさまざまな国の作品が時系列で展示され、ルーヴル本館では比較できなかった古代ギリシャ時代とファラオ時代のエジプトといった、同時代の異なる技術や文明を理解することができるユニークな展示法で、マルチメディアも駆使した新しい鑑賞法を提示しています。


© Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa / SANAA, Tim Culbert + Celia Imrey / IMREY CULBERT, Catherine Mosbach.
Photographie © Musée du Louvre-Lens / Philippe Chancel.


© SANAA / Kazuyo Sejima et Ryue Nishizawa - IMREY CULBERT / Celia Imrey et Tim Culbert - MOSBACH PAYSAGISTE / Catherine Mosbach.
Photographie © Musée du Louvre-Lens / Hisao Suzuki.

主なコレクション

  • ルーヴル本館のコレクションを定期的に入れ替え   

ミュージアムグッズ情報



  • 『ルーヴル・レンス・ガイドブック』


  • 「エトルリア語と地中海」展カタログ


  •   

美術館発行媒体

ありません

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
99, rue Paul Bert 62300 Lens  
Tel
+33(0)3-2118-6262
Fax
+33(0)3-2118-6265
URL
http://www.louvrelens.fr/en/home

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

La librairie-boutique(ショップ、ライブラリー)、L'Atelier Marc Meurin(レストラン)、Cafétéria(カフェテリア)

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.09.25-
2020.03.30

「カジミール・ゴロツキの「小ポーランド」:1924-1939年」展
https://www.louvrelens.fr/exhibition/casimir-zgorecki/

ポーランド出身の写真家カジミール・ゴロツキは、1919年、ポーランドとフランスの間で交わされた「移民と移住に関する条約」以降、フランスへ移住した最も初期の頃のポーランド人労働者たちの一人でした。しかし、父が働き始めたフランス北部の炭鉱には六か月しか在席せず、以降は職業カメラマンとしての道を歩みます。ゴロツキはやがて、フランスに移住したポーランド人達を撮り始めます。輝かしい成功を収めた者、移住に苦労している者と、立場は様々です。本展は、1924年から1939年にかけて、ゴロツキによって撮影された100点余りの白黒写真から、当時のポーランド移民コミュニティーの光と影を追います。

2019.09.25-
2020.01.20

「1840- 1918年のポーランド 一国の魂を描く」展
https://www.louvrelens.fr/exhibition/pologne/

1919年、フランス、ポーランド間で締結された「移民と移住に関する条約」から100年を記念し、ワルシャワ美術館の協力を得て開催される19世紀ポーランド絵画の特別展です。ロシア、オーストリア、プロセインといった大国に分割されたポーランド。アーティスト達が描いた絵画には民族のアイデンティティがしっかりと描かれています。当時、ヨーロッパで流行していた「点描」の手法を用いた作品が多くみられるなど、時代的文化的背景もなぞりつつ、ポーランドの代表的画家達を含む約120点の絵画作品を一挙に展覧します。

2019.08.20

ページトップへ