世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ポンピドゥ・センター・メスCentre Pompidou-Metz

ポンピドゥ・センター・メスは、2010年ロレーヌ地方のメスにオープンしました。笠のようなユニークなフォルムで、貯めた雨水を庭で再利用するなどのエコロジーな建物は、建築家坂茂とジャン・ド・ガスティーヌの日仏共同設計によるものです。パリのポンピドゥ・センターからのコレクションを軸に年間4から6の展覧会を企画し、オープニング記念展の「傑作?」展(2010)は美術史上の傑作はもちろん、パリでは展示できなかった巨大な作品も多数展示され話題を呼びました。併設の劇場やホールでは、ショーや講演会、映画上映、コンサートなどが行なわれ、現代美術の拠点として、地方都市へ文化や経済を分散させるプロジェクトの成功例として評価されています。


  


ともに Centre Pompidou-Metz © Shigeru Ban Architects Europe et Jean de Gastines Architectes, avec Philip Gumuchdjian pour la conception du projet lauréat du concours / Metz Métropole / Centre Pompidou-Metz

主なコレクション

  • 定期的にパリのポンピドゥ・センターより貸与   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

ありません

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
1, parvis des Droits de l’Homme
57000 Metz  
Tel
+33(0)3-8715-3939
Fax
  
URL
http://www.centrepompidou-metz.fr/en/welcome

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

La Voile Blanche(レストラン)、333(カフェ、バー)、Librairie-boutique(ライブラリー、ショップ)

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.08-
2020.01.13

「レベッカ・ホーン 変容の劇場」展
https://www.centrepompidou-metz.fr/rebecca-horn-th-tre-des-m-tamorphoses

ドイツ出身のアーティスト、レベッカ・ホーン。60年代より、身体表現に関わる領域で自身の実践を展開し、「身体の拡張」といった概念を軸にさまざまな彫刻、インスタレーション、パフォーマンスを発表。現在では映画製作においても才能を発揮しています。本展は、ポンピドー・センター = メッスおよびバーゼル・ティンゲリー美術館の二会場にて同時期に開催される、レベッカ・ホーンの二大回顧展のひとつとなります。

2019.06.22-
2020.01.27

「キング・コング オペラ『マクロプロス家の事件』(2007年)より」展
https://www.centrepompidou-metz.fr/king-kong-l-affaire-makropoulos-2007-de-malgorzata-szcz-niak


ポーランドのクリエイターにより制作された巨大なキング・コングが『オペラ世界』展の一角を飾ります。パリ・オペラ座で開演されたオペラ『マクロプロス家の事件』(2007年)にて使用されたもので、パリ・オペラ座が制作した、最も巨大な演出道具となりました。総合芸術としてのオペラを様々に紹介する『オペラ世界』展の演出の一部となります。

2019.03.20-
2019.09.30

「李禹煥 生息する時間」展
https://www.centrepompidou-metz.fr/en/lee-ufan-inhabiting-time

韓国出身のアーティスト、李禹煥。1960年代後半から、最近の作品までを網羅する李の回顧展です。二本にて「もの派」の提唱者および実践者として活躍し、自身の絵画、彫刻への思索を深めました。その作品には、空間、時間、もの同士との繋がりが作用した共通のテーマが貫かれています。日本とパリを行き来し、制作を続ける李禹煥の活動の軌跡を辿ります。

2019.06.22-
2020.01.27

「オペラ世界 総合芸術の追求」展
https://www.centrepompidou-metz.fr/op-ra-monde-la-qu-te-dun-art-total

20世紀から21世紀にかけた視覚芸術とオペラの出会いに焦点を当てた展覧会です。劇場での演出を紹介するだけではなく、ワグナーの提唱した「総合芸術」の概念に、時に反発し、時に共鳴しながら、歌劇がいかに視覚芸術との間に、時にラディカルな影響を及ぼしあったかについて検証します。芸術実験の絶好の場であり、新しい感性の生まれる土壌として重要な役割を担った、オペラ世界を展覧します。

2019.08.20

ページトップへ