世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|オランダ

ユトレヒト中央博物館Centraal Museum Utrecht

ユトレヒト中央博物館は、1830年開設のオランダ最古の市営博物館です。現在の建物は古い修道院をリノベーションしたもので、2016年4月にリニューアルオープンしました。煉瓦造りの重厚な歴史的建造物とガラス張りの明るく開放的な空間からなる館内には、オランダ絵画の巨匠の作品をはじめ、モダンアートやプロダクトデザイン、ファッション、ユトレヒト市史に至るまで、幅広いジャンルの資料・作品が収蔵されています。その他、ユトレヒト生まれのイラストレーターで可愛らしいウサギのキャラクター、ミッフィー(Miffy)の作者として有名なディック・ブルーナのスタジオを再現した展示が常設されています。市民が自由に使用できる制作スタジオやカフェ、ショップが併設され、町に開かれたミュージアムとして市民に愛されています。


Foto: Vincent Zedelius

  

主なコレクション

  • ヘリット・リートフェルト《レッド&ブルーチェア》(1918)   

  • パイク・コッホ《J・C・ファン・ボエツェラーの肖像》(1947頃)   

  • フェルナンド・サンチェス・コステロ《タンク・マン》(2013)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

ありません

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、オランダ
所在地
Agnietenstraat 1, Utrecht  
Tel
+31 30-2362-362
Fax
+31 30-2332-006
URL
http://centraalmuseum.nl/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.02.15-
2020.08.16

「エロスの涙:Moesman、シュールレアリズムと性」展
https://www.centraalmuseum.nl/en/exhibitions/the-tears-of-eros

性、フェティシズム、タブー。これらはユトレヒトのシュールレアリスト、Moesmanを魅了したテーマでした。彼はシュールレアリズムを、キャンバスで性的な空想にふける機会として捉えました。作品では、性的対象として描写されたり、フェチとして扱われたりした女性ですが、女性のシュールレアリストも存在します。本展では、Moesmanの作品を中心に、シュールレアリズム運動とその作品を展覧します。

2020.03.14-
2020.11.01

「驚きのソファベッド」展
https://www.centraalmuseum.nl/en/exhibitions/the-eye-opening-sofa-bed

2020年は、有名なオランダ人デザイナー、マーティン・ヴィッサー(1922-2007)がオランダの家具メーカー、スペクトラムのためにソファベッドBR02を製作してから60年になります。このソファベッドは、1960年代に彼がデザインした他の家具とともに永続的に生産され、彼の革新的なデザインは世界中で愛されています。本展では、7名の著名なオランダ人デザイナーが敬意を評して、彼の作品に触発された作品を制作して発表します。

2020.05.20

ページトップへ