世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

スコットランド国立美術館National Galleries of Scotland

1859年に開館したエジンバラに位置する国立美術館。スコットランド国立美術館、スコットランド国立肖像画美術館、スコットランド国立近代美術館の3つの美術館、パックストン・ハウス、ダフ・ハウスの2つのギャラリーとのパートナーシップによって構成される美術館群です。ラファエル、ティツィアーノ、マネ、ゴッホなどの絵画、カノーバの彫刻《三美神(The Three Graces)》をはじめとする、スコットランドの最高傑作が多数収蔵されています。


(cc) Klaus with K

  

主なコレクション

  • ラファエロ・サンティ《椰子の木のある聖家族》(1506)   

  • フランシスコ・デ・ゴヤ《医者》(1779)    

  • ジョアン・ミロ《妊婦》(1924)    

  • クロード・モネ《積み藁》(1891)    

  • マックス・エルンスト《森》(1928頃)    

ミュージアムグッズ情報



  • ケヴィン・ジャクソン『ジョン・ラスキンの世界』


  • 「ジェネレーションズ:スコットランド現代美術の25年」展カタログ


  •   

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
The Mound, Edinburgh  
Tel
+44(0) 13-1624-6200
Fax
  
URL
https://www.nationalgalleries.org/
https://www.nationalgalleries.org/visit/japanese/(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
  -
2019.10.27

「カット&ペースト:コラージュの400年」展

https://www.nationalgalleries.org/exhibition/cut-and-paste-400-years-collage

コラージュは20世紀の発明と言われていますが、本展では、400年以上の期間にわたって関連している作品、250点以上を展覧します。16世紀の解剖学的な「フラッププリント」からコンピューターベースの画像まで、そしてアマチュア、プロ、未知のアーティストによる作品、子どもたちによるコラージュ、キュビストを代表するピカソらの革新的な作品など、幅広いアプローチを試みます。

2019.06.15-
2019.09.22

「ブリジット・ライリー」展
https://www.nationalgalleries.org/exhibition/bridget-riley

今日世界的にもっとも有名なアーティストのひとり、ブリジット・ライリー(1931-)は、60年以上にわたって知覚の基本的な性質を探求する抽象画を制作してきました。自然界の観察、他のアーティストの作品を見た経験、彼女自身の実験を通して、絵を描くという行為と、それを私たちはどのように見るのかについて深く研究しました。

2019.08.20

ページトップへ