世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

ナショナル・ポートレート・ギャラリーNational Portrait Gallery

ナショナル・ポートレート・ギャラリーは、肖像画を介してイギリスの歴史と文化を築いた人々をより理解し、肖像画を保存する目的のため1856年に設立されました。現在では世界最大の肖像画コレクション数を誇り、絵画だけでなく、写真、彫刻といったさまざまなジャンルにおける偉人・著名人の肖像作品約1400点を常時展示しています。美術館は「テューダー朝とエリザベス朝(16世紀)」「スチュアート朝と市民戦争(17世紀)」「摂政時代(18世紀)」「ヴィクトリア朝とエドワード朝(19世紀)」「20世紀」「現代」の6つの時代別セクションから構成されています。


(cc) Ham

  

主なコレクション

  • 伝ジョン・テイラー作《ウィリアム・シェイクスピアの肖像》(1610頃)   

  • ダニエル・マイテンス《国王チャールズ1世の肖像》(1631)   

  • アラン・ラムゼイ《国王ジョージ3世の肖像》(1761−62)   

  • カサンドラ・オースティン《ジェイン・オースティンの肖像》(1810)   

  • ジョージ・ヘイター《ヴィクトリア女王の肖像》(レプリカ)(1863、オリジナルは1838)   

  • ハワード・コスター《A.A.ミルンとクリストファー・ロビン・ミルン》(1926)   

  • ウォルター・リチャード・シッカート《ウィンストン・チャーチルの肖像》(1927)   

  • サム・ウォルシュ《ポール・マッカートニーの肖像(マイクの兄)》(1964)   

  • ジョン・スワネル《ダイアナ王妃と子息たち》(1994)   

  • ジュリアン・オピー《自画像》(2005)   

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
National Portrait Gallery, St Martin’s Place, London   
Tel
+44 (0)20-7306-0055
Fax
  
URL
http://www.npg.org.uk/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.27-
2019.09.15

「シンディ・シャーマン」展
https://www.npg.org.uk/whatson/exhibitions/2019/cindy-sherman/

アメリカ合衆国の写真家で映画監督のシンディ・シャーマン(1954-)は自らを被写体としたセルフ。ポートレイト作品で有名です。自身の外見の操作や、映画、広告、ファッションなど、さまざまな文化的ソースから派生した資料の展開に注目し、外観とアイデンティティのあいだにあるテンションを探る本展では、1977年から80年に制作された無題のフィルムスチールを含む、およそ150点の作品と新作を展覧します。

2019.06.13-
2019.10.20

「BPポートレート・アワード2019」展
https://www.npg.org.uk/whatson/bp-portrait-award-2019/exhibition/

世界でもっとも有名な肖像画のコンペティションである「BPポートレート・アワード2019」では、厳正な審査を通過したポートレイト絵画の作品が紹介されます。アーティストが作品に焦点を合わせてポートレートを制作するように奨励することを目的としている本コンペティションは、18歳以上のすべての人にひらかれており、本展ではさまざまなアプローチで描かれる現代のポートレイト絵画の傑作をご覧いただけます。

2019.08.20

ページトップへ