世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

デザイン・ミュージアムDesign Museum

モダニズム以降のデザインを収蔵する目的で1989年に開館した、世界ではじめてのデザインを専門とするミュージアムです。建築、ファッションからグラフィック、プロダクト、工業デザインに至るまであらゆる現代のデザイン3000点以上を収蔵しています。2016年にテムズ川沿いの元倉庫をリノベーションした建物から、現在のロンドン東南部ケンジントンへ移転しました。

  

  

主なコレクション

  • トーネット社《サイド・チェア》(1870)   

  • チャールズ・レニー・マッキントッシュ《ウィロー・ティールームのためのチェア》(1900)   

  • ヘリット・リートフェルト《赤と青のいす》(1918−1921)   

  • ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン《チェーズロング・チェア》(1928)   

  • アルヴァ・アアルト《パイミオ・ラウンジ・チェア》(1930−31 )   

  • チャールズ・アンド・レイ・イームズ《LCW》(1945)   

  • アルネ・ヤコブセン《シリーズ7、モデルNo.3017》(1955)   

  • エーロ・サーリネン《チューリップ・チェア》(1955−56 )   

  • アキッレ・カスティリオーニ《セラ》(1957)   

  • 《アーロン・チェア》(1992)   

美術館発行媒体

ニュースレター(美術館公式サイトで申込可能)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
224-238 Kensington High Street London  
Tel
+44 (0)20-3862-5900
Fax
  
URL
https://www.designmuseum.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

移転のため2016年11月24日まで休館中です。

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.04.01-
2020.07.26

「エレクトロニクス:クラフトワークからケミカルブラザーズまで」展
https://designmuseum.org/exhibitions/electronic-from-kraftwerk-to-the-chemical-brothers

本展では、アート、デザイン、テクノロジー、写真を通して、エレクトロニック・ミュージックを展示します。クラフトワークや、ケミカルブラザーズの3Dライブショーを再現を体験することができます。また、歴史的なレーベルなどの数多くのコレクションが並びます。

2020.05.06

「箱の外のスニーカー:スタジオからストリートまで」展
https://designmuseum.org/exhibitions/sneakers-unboxed-studio-to-street

スニーカーのデザインは、世界中の「スニーカーヘッド」たちを刺激し、20億ドル相当の再販市場を生み出し、スポーツウェアとの関係に革命をもたらしました。本展では、ナイキ、アディダス、プーマ、コレット、コムデギャルソンのモデルや、MSCHF Studioの「Jesus Shoes」などの新しいリリースなど、スニーカーシーンを形作ったスタイルアイコンとブランドコラボレーションを展示します。

  -
2020.03.31

「ビーズリーデザイン・オブ・ザ・イアー」展
https://designmuseum.org/exhibitions/beazley-designs-of-the-year

今年で12年目を迎える本展では、アクセシビリティ、女性向けのデザイン、グローバルな影響を与える地元のアイデアを擁護する世界中の革新的・発明的なデザインを展示します。

2020.02.20

ページトップへ