世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イタリア

カピトリーニ美術館Musei Capitolini

カピトリーニ美術館はローマ七丘の1つ、カンピドリオの丘に建つ美術館群の総称で、絵画、彫刻、メダル等の膨大なコレクションを有しています。1471年に教皇シクストゥス4世が貴重な古代彫刻群をローマ市民へ寄贈したのが起源とされています。ローマの有力貴族のコレクションを受け入れながら作品の拡充がすすみ、18世紀には現在の美術館の基礎が整備され、一般公開されました。20世紀には大胆な展示改革が行われ、近代的美術館へと変貌を遂げました。ローマ市の歴史と密接にかかわる作品を多く所蔵しているのが特色です。特に古代彫刻のコレクションは有名で、学生たちの教材としても繰り返し描かれてきました。


(cc) Radomil

  

主なコレクション

  • グィド・レーニ《聖セバスティアヌス》(1615-1616)   

  • カラヴァッジョ《女占い師》(1595)   

  • カラヴァッジョ《洗礼者ヨハネ》(1602-1603)   

  • ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ《メデューサ》(1644-1648)   

  • 作者不詳《とげを抜く少年》(前1世紀)   

  • 作者不詳《カピトリーノの牝狼》(前5世紀あるいは中世)   

  • 作者不詳《コンスタンティヌス大帝の頭部》(313-324)   

  • 作者不詳《マルクス・アウレリウス騎馬像》(161-180)   

  • 作者不詳、プラクシテレス(前4世紀)に基づく《カピトリーノのヴィーナス》(96-192)   

  • 作者不詳、ペルガモンの彫刻群(前3世紀)に基づく《瀕死のガリア人》(100-199)   

美術館発行媒体

ローマ市の美術館・博物館共通のニュースレター有り。HP上でメールアドレスの登録が必要。ニュースレター会員は10パーセントの割引がある。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イタリア
所在地
Piazza del Campidoglio, 1, ROMA  
Tel
+39 06-06-08
Fax
+39 06-678-5488
URL
http://en.museicapitolini.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

川合真木子。ローマ在住。ラ・サピエンツァ大学大学院美術史コース在籍

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.07-
2020.01.26

「再発見された芸術:私たちの文化遺産の回復と保存に対するカラビニエリの責任」展
http://www.museicapitolini.org/en/node/1004940

文化保護のための国家憲兵カラビニエリ司令部の設立50周年を記念した展覧会です。TPCとヨーロッパ観光センターの長きにわたるコラボレーションから生まれた本展は、紀元前8世紀から現代までの考古学的、歴史的、芸術的証言の断片30点の作品が提示されます。

2019.07.19-
2019.11.03

「ルカ・シニョレッリとローマ:忘却と再発見」展
http://www.museicapitolini.org/en/mostra-evento/luca-signorelli-and-rome-oblivion-and-rediscovery

ルカ・シニョレッリ(1450-1523)はルネサンス期のイタリアの画家ですが、次の世代の二人の巨人、ミケランジェロ(1475-1564)とラファエロ(1483-1520)の登場によってその存在は覆い隠されてしまいました。本展では、シニョレッリに焦点を当て、約60点の作品をローマではじめて公開します。

2019.08.20

ページトップへ