世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スペイン

国立ソフィア王妃芸術センターMuseo National Centro de Arte Reina Sofia

ファン・カルロス1世の王妃ソフィアにちなんで名づけられた国立ソフィア王妃芸術センターは、1986年に病院を改装して設立され、20世紀の近代・現代美術を中心とした作品を取り扱っています。メインの建物となるサバティーニ館の2階と4階が常設展となり、ピカソやダリ・ミロなどのスペイン近代美術の作品が多く所蔵されています。防弾ガラス越しの展示であったプラド美術館別館から本美術館に移されたピカソの代表作「ゲルニカ」は、スペイン内戦を非難した作品の内容としても見応えがあり圧巻でです。


(cc) OsvaldoGago

  

主なコレクション

  • パブロ・ピカソ《ゲルニカ》(1937)   

  • ジョアン・ミロ《かたつむり・女・花・星》(1934)   

  • サルバドール・ダリ《ヒットラーのエニグマ》(1939)   

  • マン・レイ《ジュアン・ミロのマネキン》(1934-1935)    

  • パブロ・ピカソ《青の女》(1901)   

  • ジョルジュ・ブラック《瓶と果物》(1911)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『フォトブックス:スペイン 1905−1977』(カタログ)


  • 『本当に役に立つ知識』(カタログ)


  • 『プレイグラウンド:広場を再発見する』(カタログ)

美術館発行媒体

メールマガジン(美術館公式サイトで申し込み可能)
http://www.museoreinasofia.es/publicaciones/boletines
http://www.museoreinasofia.es/en/publications/newsletters(英語サイト)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スペイン
所在地
Calle Santa Isabel 52, Madrid  
Tel
3491-774-1000
Fax
  
URL
http://www.museoreinasofia.es/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

宮倉桂。在バルセロナ。セラピスト。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.10.30-
2020.04.13

「ヨルク・イメンドルフ:画家の仕事」展
https://www.museoreinasofia.es/en/exhibitions/jorg-immendorff

ヨルク・イメンドルフは1970年代の終わりに、政治活動家、教師、芸術家として、大きく転換を迎えました。1976年は彼のキャリアの中で最も重要な年で、ベネチア・ビエンナーレに参加し、ドイツ民主共和国の自由の剥奪を批判し、状況を好転させるために国際的なアーティストの協力を求めたチラシを配るなど、非常に政治的な側面をもち合わせていたのです。

2019.11.22-
2020.03.23

「セイジャ・ストイカ:This Has Happened」展
https://www.museoreinasofia.es/en/exhibitions/ceija-stojka

オーストリア・ロマーニの芸術家、セイジャ・ストイカ(1933–2013)は独学の画家兼語り手であり、1986年以降に開発された後期文学と絵画の作品の著者でした。ストイカは、オーストリアの併合後、人種的民族社会主義法により迫害され、別の強制収容所で隔離され、抑留された商人の家族に生まれました。 1980年代に、彼女は最初に口頭のナレーションと詩を通して、そしてその後絵を通して彼女の記憶を引き出し始めました。本展では作品を通して彼女の人生と歴史の重要な瞬間を抽出します。

2019.12.18-
2020.03.18

「イグナシオ・ゴメス・デ・リアーノ:書き捨て」展
https://www.museoreinasofia.es/en/exhibitions/ignacio-gomez-liano

ソフィア王妃コレクション部門が主催するこの展覧会の中心には、作家、詩人、哲学者ゴメス・デ・リアーノ(1946年、マドリード)が個人博物館に寄贈した個人的なアーカイブがあります。イグナシオ・ゴメス・デ・リアーノはスペインの実験的な詩シーンを理解するための鍵です。詩人として、彼はアバンギャルドなグループProblemática63でジュリオ・キャンパると共にスタートし、のちに独自のイニシアチブを打ち立てました。

2019.07.29-
2020.03.02

「サラ・ラモ:lindalocaviejabruja」展
https://www.museoreinasofia.es/en/exhibitions/sara-ramo

ブラジル・サンパウロを拠点に活動しているスペイン系ブラジル人アーティストのサラ・ラモ(1975-)は同世代のアーティストたちのなかでもっとも国際的に有名なアーティストの一人です。映像、インスタレーション、彫刻、コラージュなどの媒体を通して明確に表現された彼女の作品は、日常生活の要素、シーン、スペースを適切に調整することによって作品に統合することを目指しています。

2020.01.20

ページトップへ