世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スペイン

国立ソフィア王妃芸術センターMuseo National Centro de Arte Reina Sofia

ファン・カルロス1世の王妃ソフィアにちなんで名づけられた国立ソフィア王妃芸術センターは、1986年に病院を改装して設立され、20世紀の近代・現代美術を中心とした作品を取り扱っています。メインの建物となるサバティーニ館の2階と4階が常設展となり、ピカソやダリ・ミロなどのスペイン近代美術の作品が多く所蔵されています。防弾ガラス越しの展示であったプラド美術館別館から本美術館に移されたピカソの代表作「ゲルニカ」は、スペイン内戦を非難した作品の内容としても見応えがあり圧巻でです。


(cc) OsvaldoGago

  

主なコレクション

  • パブロ・ピカソ《ゲルニカ》(1937)   

  • ジョアン・ミロ《かたつむり・女・花・星》(1934)   

  • サルバドール・ダリ《ヒットラーのエニグマ》(1939)   

  • マン・レイ《ジュアン・ミロのマネキン》(1934-1935)    

  • パブロ・ピカソ《青の女》(1901)   

  • ジョルジュ・ブラック《瓶と果物》(1911)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『フォトブックス:スペイン 1905−1977』(カタログ)


  • 『本当に役に立つ知識』(カタログ)


  • 『プレイグラウンド:広場を再発見する』(カタログ)

美術館発行媒体

メールマガジン(美術館公式サイトで申し込み可能)
http://www.museoreinasofia.es/publicaciones/boletines
http://www.museoreinasofia.es/en/publications/newsletters(英語サイト)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スペイン
所在地
Calle Santa Isabel 52, Madrid  
Tel
3491-774-1000
Fax
  
URL
http://www.museoreinasofia.es/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

宮倉桂。在バルセロナ。セラピスト。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.04.12-
2019.09.08

「石田徹也:他者の自画像」展
https://www.museoreinasofia.es/en/exhibitions/tetsuya-ishida

日本の画家、石田徹也(1973-2005)は、10年という短いキャリアの中で、手に負えない勢力が支配する現代社会における孤立と疎外を中心とした驚くべき作品群を生み出しました。そこでは学校の子どもたちやサラリーマンのイメージが繰り返されます。機械に夜生産と無限の消費がもたらした社会の無関心を背景に、輝きが失われ、荒地となった遊園地に広がる悲しみがキャンバスいっぱいに描かれています。

2019.04.03-
2019.08.26

「ロヘリオ・ロペス・クエンカ:Keep Reading, Giving Rise」展
https://www.museoreinasofia.es/en/exhibitions/rogelio-lopez-cuenca

スペインのアーティスト、ロヘリオ・ロペス・クエンカ(1959-)は、1980年代に芸術的なキャリアをはじめて以来、ビジュアル・アートとマス・メディアのあいだで仕事を続けています。はじめての回顧展である本展では、コラボレーション、詩的拡大、都市と前衛的発展、新世界秩序と芸術的拡大の5つのテーマを通して、批評的な作品の真髄に迫ります。

2019.08.20

ページトップへ