世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スペイン

ティッセン=ボルネミッサ美術館Museo Thyssen-Bornemisza

美術館の元となっているコレクションは、スイス人美術収集家ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサ男爵が買い集めたものです。その後、息子のハンス・ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサ男爵が更に近現代の作品を加えていき、それをスペイン政府が買い取り、更に近年は元ミス・スペインのカルメン夫人のコレクションも加わりました。
そのため1000点近くにもおよぶ莫大な数の作品群を通し、13世紀から20世紀末までの西洋アートの経緯、つまりルネッサンスからマニエリズム、バロック、ロココ、ロマン主義そして19・20世紀ポップアートまでのヨーロッパ絵画の流れを見ることができます。加えて、印象主義や野獣派、ドイツ表現主義、20世紀初めの前衛表現や、更には21世紀の北アメリカ絵画の作品まで網羅しています。特に伝統的な中央ヨーロッパの肖像画と風景画の分野の収集に抜きん出ており、歴史画と宗教画が主であるその他のスペイン国内の美術館とは異なった特徴を持ってます。

  

  

主なコレクション

  • カラヴァッジョ《アレクサンドリアの聖女カタリーナ》(1598)   

  • レンブラント《二連チェーンネックレスと帽子を被った自画像》( 1642-1643)   

  • ピーテル・パウル・ルーベンス《聖家族と聖エリサベツと洗礼者ヨハネ》(1618)   

  • ギュスターヴ・クールベ《サントーバン=シュル=メールの浜》(1867   

  • マルク・シャガール《灰色の家》(1917)   

  • エドワード・ホッパー《ホテルの部屋》(1931)   

  • ロイ・リキテンスタイン《浴室の女》(1963)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

メールマガジン(美術館公式サイトで申し込み可能)
(英語サイト)
美術館情報誌(PDF)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スペイン
所在地
Paseo del Prado 8, Madrid  
Tel
3490-2760-0511
Fax
  
URL
http://www.museothyssen.org/en/thyssen/home

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

宮倉桂。在バルセロナ。セラピスト。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.10.15-
2020.01.26

「印象派アーティストと写真」展
https://www.museothyssen.org/en/exhibitions/impressionists-and-photography

1830年代後半の初期のダゲレオタイプの登場に続いて、紙への写真印刷が発見されたあとに、写真と絵画の関係は非常に密接なものとなりました。写真家の作品にあるカメラの視点は、マネ、ドガなど若い印象派のアーティストたちを刺激し、世界を見る新しい方法を開発しました。本展は、19世紀後半にフランスの批評家やアーティストのあいだで生まれた活発な議論を見ながら、写真と絵画の親和性と相互の影響についての批評的な考察を提供します。

2019.11.20

ページトップへ