世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ハンガリー

ハンガリー国立美術館Magyar Nemzeti Galéria

1957年にハンガリーの首都、ブダペストの世界遺産ブダ城の内部に設立された美術館です。ハンガリー出身のアーティストの作品を展開し、中世、ルネサンス、近代等幅広い時代の絵画や彫刻などさまざまなジャンルを網羅するコレクションは国内最大級。膨大な数の作品の中にあって、特にムンカーチ・ミハーイやポール・ラースローらによる19世紀の絵画は必見と言えます。また目の前をドナウ川が流れており、ブダ城とともに美しい景観を楽しむこともできます。


(cc) Andrew Bossi

  

主なコレクション

  • ムンカーチ・ミハーイ《静物画 花》(1881)   

  • ポール・ラースロー《昼》(1870)   

  • ペーチの司教の城より《ヤコブ》(1170-1190)   

  • カッシャの聖エリザベスの教会より《聖グレゴリー》(1470-1480)   

  • フランシスコ教会より《哀歌》(1500-1510)   

  • アベル・ヨゼフ《スタジオでの自画像》(1808-1810)   

  • 《ルイ15世とマダム・デュバリー》(1874)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ハンガリー
所在地
Buda Palace Buildings A, B, C, D H-1014 Budapest, Szent György tér 2.  
Tel
+36 20-4397-325
Fax
  
URL
http://www.mng.hu/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.28-
2019.10.20

「ダリからマグリットまでのシュールレアリスとの運動:1929年の危機と再生」展
https://en.mng.hu/exhibitions/the-surrealist-movement-from-dali-to-magritte-crisis-and-rebirth-in-1929/

1929年、パリのアートシーンにカタルーニャのサリバドール・ダリが現れ、シュールレアリストのグループで主役を演じたのは注目すべき瞬間でした。また、その年は、ルイス・ブニュエルが「アンダルシアの犬」でデビューした年でもあります。本展では、シュールレアリスムの主な動向、アーティストたち、ダリ、エルンスト、ミロ、タンギー、マグリット、ピカソ、ピカビアなどの作品とその概要を振り返ります。

2019.09.20

ページトップへ