世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ルクセンブルク

ルクセンブルク国立歴史・美術博物館Musée National D'historie et D'art Luxembourg

美術館のオープンは1939年。18世紀末からルクセンブルクに関する歴史考古学の遺産を保存展示する場所を確保することは長年の夢でした。最初は大きな屋敷を改造し使用していましたが、2002年に現代的な中央館が増築され、また隣接するヴィルタイム通りの邸宅も美術館に内包され豊かな表情を持つ構成になりました。所蔵品では、特に1995年にヴィクテンという町で見つかった西暦240年頃のモザイク床(約60平方米)が見事で、ホメロスと9人の女神を完全な状態で見ることができます。美術館は中世から現代までの絵画が集められ、ルクセンブルクに縁のある画家が多いのも特徴です。企画展以外は入場無料。


c) Hiroyuki Yamamoto


c) Hiroyuki Yamamoto

主なコレクション

  • 作家不明《ヴィクテンのモザイク》(ルクセンブルク、240年頃)   

  • 作家不明《エランジュ=ベルサッカーの騎士のマスク》(ルクセンブルク、30-40年頃)   

  • アルブレヒト・ボウツ《茨の冠のキリストと悲しみの聖母》(1495-1500年頃)   

  • ロッソ・フィオレンティーノ《バッカス、ビーナス、キューピッド》(1535-39年頃)   

  • ルーカス・クラナハ《慈愛》(1536年以降)   

  • ヴィクトル・ユーゴ《シェンゲン 9月13日》(1871)   

  • ウィリアム・ターナー《ルクセンブルクの景色、アイシュ側から見た街》(1871)   

  • ルネ・マグリット《例外》(1963)   

  • テオ・ファン・レイセルベルヘ《エミール・マイリッシュの肖像》(1912)   

  • ジャン・エリオン《青い空間》(1936)   

美術館発行媒体

メルマガ登録(http://www.mnha.lu/)はサイトから

無料マガジン(紙は美術館で配布/同じ内容のオンライン版もあり)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ルクセンブルク
所在地
Marché-aux-Poissons, L-2345 Luxembourg  
Tel
+352-47 93-30-1
Fax
  
URL
http://www.mnha.lu/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

欧州写真月間2015 記憶ラボ2 - 歴史に挑む写真 - 現在の過去

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.09.27-
2020.09.06

「#wielewatmirsinn:ルクセンブルクの100年の普遍的参政権」展
https://www.mnha.lu/en/Current/-wielewatmirsinn-100-years-of-universal-suffrage-in-Luxembourg

2019年は、ルクセンブルクに普遍的選挙権が導入されて100周年の年でした。すべてのルクセンブルクの成人女性、および成人男性人口の3分の1以上が初めて政治的権利を獲得しました。この歴史的な出来事を記念するために、下院と国立歴史美術館は、19世紀以降、1919年に普遍的参政権の導入につながった変化に特化した大規模な展示会を開催します。政治情勢のその後の革命的な変化とルクセンブルクの民主化プロセスを探ります。

2020.01.24-
2020.11.21

「デ・メナ、ムリーリョ、スルバラン:スペインバロックの巨匠たち」展
https://www.mnha.lu/en/exhibitions/de-mena-murillo-zurbaran

スペインの黄金時代、宗教的信念に傾倒したバロック芸術彫刻が制作されましたが、あまり注目されることはありませんでした。本展では、ムリーリョやスルバランなどの有名な巨匠に加えて、重要なバロック彫刻家ペドロ・デ・メナによる8点の彫刻がハイライトとなっています。

2020.03.20-
2020.10.18

「光で描く:カーラ・ヴァン・デ・プッテラール」展
https://www.mnha.lu/en/exhibitions/brushed-by-light

20年以上にわたり、国際的に活躍しているアーティストのカーラ・ヴァン・デ・プッテラール(1967-)は、主に女性のヌード、ポートレイト、花をモチーフとした大きな写真作品を制作してきました。本展では、78点の作品を通して、90年代半ばから現在に至るまでのキャリアを概観します。

2020.05.20

ページトップへ