世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|オランダ

エッシャー美術館Escher In Het Paleis

「だまし絵」で知られるマウリッツ・コーネリス・エッシャー(1898-1972)の美術館は、オランダの女王エンマ(1858-1934)が冬期滞在していたランへ・フォールハウト宮殿を利用しています。エッシャーは裕福な家庭に生まれ育ち建築の学校に通いますが、グラフィック・アーティストの才能を見出した先生の助言で版画の世界に進みます。美術館では初期の作品から彼が興味を持っていた南イタリアの風景画、さらに「だまし絵」や数学的探求など、エッシャーのすべてを知ることができる充実の展示です。建物最上階には、遠近感の錯覚を体験できる写真コーナーがあります。


c) Hiroyuki Yamamoto


c) Hiroyuki Yamamoto

主なコレクション

  • 《カストロバルバ》(1930)   

  • 《反射する球を持つ手》(1935)   

  • 《昼と夜》(1938)   

  • 《メタモルフォーゼ II》(1940)   

  • 《バルコニー》(1945)   

  • 《描く手》(1948)   

  • 《階段の家》(1951)   

  • 《ベルヴェデーレ》(1958)   

  • 《登る、下りる》(1960)   

  • 《滝》(1961) (以上すべてマウリッツ・コーネリウス・エッシャー)   

美術館発行媒体

なし

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、オランダ
所在地
Lange Voorhout 74, 2514 EH Den Haag  
Tel
+31-70 427-7730
Fax
  
URL
http://www.escherinhetpaleis.nl/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

最上階の写真コーナーは1枚5ユーロ

備考

  

山本浩幸。在ブリュッセル。インスピレーション出版/ベルギー青い鳥・編集長

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.05.23-
2019.09.01

「エッシャーの世界のネイダーとゼニス」展
https://www.escherinhetpaleis.nl/exhibition/nadir-and-zenith-in-the-world-of-escher/?lang=en

エッシャーは、建築家からロックスター、数学者からグラフィック・デザイナー、小学生から芸術家まで、創造的な精神へのインスピレーションの源となっています。オランダのアニメーター、ウーター・バン・レエク(1960-)もその一人です。彼の最新作「エッシャーの世界のネイダーとゼニス」では、ネイダーとゼニスがエッシャーの不思議な世界を行き来します。

2019.08.20

ページトップへ