世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • アジア|台湾

台北市立美術館Taipei Fine Arts Museum

1983年に台北の圓山に開館した現代美術館で、台湾美術の名作を中心におよそ4000点のコレクションを持つ台湾を代表する美術館です。その豊富なコレクションは展示されるのみでなく、デジタル・アーカイブによってインターネット上にも公開され、美術館と人々をつなぐ役割も果たします。建物を見ると、積み重なった筒状の展示室は周囲の風景に向かって伸び、ここでも美術館の内外を繋ごうという意思が反映されています。また、企画展では欧米のアートや建築家を取り上げたりと、アジアの枠に捕われない姿勢が感じられます。


(cc) Prattflora

  

主なコレクション

  • ポール・チェン《シルバーレイク8月7日》(2007-2008)   

  • リー・ツァイ・チェン《ホームラン》(2003)   

  • 陳景容《海邊的牛》(1981)   

  • 陳景容《雨後的海邊》(2004)   

  • 李石樵《田園樂》(1946)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
アジア、台湾
所在地
台北市 中山区 中山北路三段181号 886-2-2595-7656  
Tel
(02)-2595-7656
Fax
  
URL
http://www.tfam.museum/index.aspx?ddlLang=en-us
http://www.tfam.museum/Language/view.aspx?ddlLang=1(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.11.21-
2021.03.14

「台北ビエンナーレ2020:あなたと私は同じ惑星に住んでいない」展
https://www.tfam.museum/Exhibition/Exhibition_page.aspx?ddlLang=en-us&id=677&allObj=%7B%22JJMethod%22%3A%22GetEx%22%2C%22Type%22%3A%221%22%7D

世界は深刻な生態学的紛争に直面しており、世界や惑星に対する認識がまったく異なることを考慮して、新しい外交的出会いを生み出すために、政治的、外交的戦略の概念を導入し、この台北ビエンナーレ2020では、展覧会を通じて出会いを数多く生み出すことを望んで、政治学、社会学、地理学、海洋学、人文科学、歴史学の分野に特化した専門知識を持つ27の国と地域から57組みのアーティストとチームを招待します。

2020.12.12-
2021.02.28

「台北アート・アワード2020」展
https://www.tfam.museum/Exhibition/Exhibition_page.aspx?ddlLang=en-us&id=679&allObj=%7B%22JJMethod%22%3A%22GetEx%22%2C%22Type%22%3A%221%22%7D

台湾の現代アート発明のダイナミズムの証である台北アート・アワードは、優れたアーティストを奨励し、時代の精神を捉えたコンテンツが豊富なアートの作品と新しいアイデアと創造的なエネルギーを刺激します。本展では、2段階の選考を経て参加する13名の作品を展示します。

2020.06.25-
2021.06.06

「賴志盛によるCloser」展
https://www.tfam.museum/Exhibition/Exhibition_page.aspx?ddlLang=en-us&id=671&allObj=%7B%22JJMethod%22%3A%22GetEx%22%2C%22Type%22%3A%221%22%7D

スペースCは、当館の最上階にあるオープンエリアで、3階下のグランド・ロビーを見下ろす欄干の壁に囲まれています。「Closer」は、賴志盛がプロデュースした新しい年次プロジェクトです。「光と風に近づく」というアイデアを導入し、1階のロビーを池に、欄干を海岸に、スペースCを周囲の環境に変えます。

2020.12.12-
2021.04.11

「サテライト11:プラネット・ビオ・Ta」展
https://www.tfam.museum/Exhibition/Exhibition_page.aspx?ddlLang=en-us&id=678&allObj=%7B%22JJMethod%22%3A%22GetEx%22%2C%22Type%22%3A%221%22%7D

当館地下にある児童芸術教育センターは、2014年に開設されて以来、11番目のプロジェクトに着手しています。本展では、4名のアーティストがさまざまな種の再発見を披露します。自然環境と動物科学に関する知識と、その理解を多感覚学習の機会に変換するスキルに基づいて、観察、遊び、体験、想像することを奨励する一連のインタラクティブな作品を開発しました。

2021.02.20

ページトップへ