世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ピカソ美術館(パリ)Musée national Picasso, Paris

  

  

  

主なコレクション

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
5 rue de Thorigny 75003  
Tel
  
Fax
  
URL
http://www.museepicassoparis.fr/en/
http://www.museepicassoparis.fr/(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.03.24-
2020.07.21

「PICASO COMICS」展
http://www.museepicassoparis.fr/en/a_venir-2/

本展は、パブロ・ピカソの作品とコミックの世界との間のリンクに特化した最初の展覧会です。常に新しい技術を試すことに興味があったピカソのマンガに対する情熱を、図面、版画、オリジナルプレートの選択を通して振り返ります。

2020.03.24-
2020.07.26

「詩人ピカソ」展
http://www.museepicassoparis.fr/en/a_venir-2/

本展はピカソの創作過程に見られる「詩作」の重要性を提示し、彼の作品の知られざる一面に光を当てます。ピカソが残した数多くの手稿とともに素描や絵画を紹介することによって、ピカソ作品における文学と絵画の調和あるいは横断の様相を明らかにし、詩人ピカソの類稀な独創性を再発見する内容です。バルセロナのピカソ美術館の協力を得て実現しました。

2020.03.24-
2020.09.20

「ニュッシュ・エリュアールへ捧ぐ」展
http://www.museepicassoparis.fr/a_venir-2/

ポール・エリュアールの二番目の妻で、シュールリアリスムの芸術家たちにとって、ミューズでもあったニッシュ・エリュアール。写真家のマン・レイやドラ・マールと同じく、ピカソもまた彼女に姿に魅了されたひとりでした。本展は、絵画、デッサンおよびアーカイブ写真を通じて、1930年代後半の交友関係の中で、ピカソの作品におけるニッシュという特別な存在が果たした役割にスポットを当てます。

2020.02.11-
2021.01.10

「ピカソ、読む、また読む」展
http://www.museepicassoparis.fr/actuellement/

ピカソ美術館のコレクションから、文学が画家に与えた影響をテーマに作品を展示します。ピカソは生涯を通じて読書から着想し、そのイマジネーションを自らも書くことによって発展させています。実際の彼の図書リストから一部を紹介し、美術館のコレクションの中から、物語が重要な役割を果たした作品を展示します。ピカソの読書文化に着目する展覧会です。

2020.05.20

ページトップへ