2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

バックナンバー

2011年05月15日号のバックナンバー

イメージ

フォーカス

絵画を支えるもの──画中空間、現実空間(国立西洋美術館「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展レビュー)

photo

[2011年05月15日号(天内大樹)]

 国立西洋美術館で開催中の《レンブラント 光の探求/闇の誘惑》は、「黒い版画」「淡い色の紙」「キアロスクーロ」 という三つの言葉を中心に「光と影の巨匠」レンブラントの作品を再検討する試み。和紙刷り版画を通じ、レンブラントの時代の日蘭交流の一端も展示する。

キュレーターズノート

菊畑茂久馬 回顧展──戦後/絵画

photo

[2011年05月15日号(山口洋三)]

 私は自分を「日本戦後美術」の専門家とは自認していない。このコーナーでも何度か書かせてもらった「九州派」についての研究は、どちらかといえば行きがかり上のことで、地元との関わりで始めてしまった感が強い(そうかといってけっして仕方なくイヤイヤやっている訳じゃなくてそれなりに熱意を込めているつもりですけど)。それならなぜ今回、菊畑茂久馬回顧展を企画したか。それは「九州派」とか「戦後美術」とかいった枠からの興味ではないのである。

アート・アーカイブ探求

作者不明《吉祥天像》天下太平の女神としての尊像──「谷口耕生」

photo

[2011年05月15日号(影山幸一)]

artscapeレビュー

▲ページの先頭へ

文字の大きさ