2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

縛られたプロメテウス

最終更新日:2021年09月29日

山口情報芸術センター[YCAM]では、アーティス トの小泉明郎による VRを用いた体験型の演劇作品《縛られたプロメテウス》の公演を開催します。

小泉はこれまで、国家・共同体と個人の関係、また 人間の身体と感情の関係について、現実と虚構を 織り交ぜたアプローチで作品を発表してきました。 演劇、音声、映像など複数の手法を巧みに組み合わせた作品は、国際的な芸術祭をはじめとする現代美 術や演劇の文脈でも高い評価を受けています。

本作は、古代ギリシアの詩人アイスキュロスによる悲劇「縛られたプロメテウス」が原作となっています。未来を予見する能力を持ちながらも、全知全能の神・ゼウスから火を盗み、永劫の苦しみを味わうプロメテウス。本作の観客は、この神話的時間から発想された近未来の中で、自分とは異なる「他者」の感覚や感情をVR を通じて追体験していきます。人間の知覚を拡張する現代の技術が古典的名作と結びつくことで生み出される本作の体験を通じて、未来におけるテクノロジーや「生」のあり方について深く考えるきっかけとなるでしょう。この機会にぜひご覧ください。

プレスリリースより

関連イベント

アーティストトーク

日時
2021年10月24日(日)13:00〜13:40
会場
山口情報芸術センター[YCAM]スタジオC
登壇者
小泉明郎、星野太(美学、表象文化論/東京大学准教授)
参加対象
「縛られらたプロメテウス」の公演チケットをお持ちの方のみ
*参加無料

関連記事

小泉明郎×南澤孝太対談── テクノロジーが更新する、人と社会の輪郭線|小泉明郎(アーティスト)/南澤孝太(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科[KMD]教授):フォーカス(2020年04月15日号)

あいちトリエンナーレ2019 情の時代|小泉明郎『縛られたプロメテウス』|高嶋慈:artscapeレビュー(2019年11月15日号)

展覧会概要

会場
山口情報芸術センター[YCAM] スタジオB
(山口県山口市中園町7-7)
会期
2021年10月23日(土)、10月24日(日)
入場料

<前売券>
一般=2,000円

any会員・特別割引=1,500円

高校生以下=300円

*特別割引:シニア(65歳以上)、障がいを持つ方及び同行の介護者1名が対象
*電子チケットも利用可能
*前売券は各公演前日の19時まで販売

<当日券>
一般=2,500円
高校生以下=500円
*参加対象:13歳以上(ヘッドマウントディスプレイを使用した作品のため)

開館時間
各日 12:00 / 12:30 / 13:00 / 13:30 / 14:00 / 14:30 / 15:00 / 15:30 / 16:00 / 16:30 スタート
*上演の10分前までにスタジオ B 前に集合
*上演時間:60分 (入れ替え制) *各回 15 名
問い合わせ先
山口情報芸術センター[YCAM]
TEL:083-901-2222 E-mail:press@ycam.jp
主催
公益財団法人 山口市文化振興財団
後援
山口市、山口市教育委員会
助成
文化庁 文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会
技術協力
YCAM InterLab
企画制作
山口情報芸術センター[YCAM]
ウェブサイト
https://www.ycam.jp/events/2021/prometheus-bound/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ