2020年02月15日号
次回3月2日更新予定

オススメ展覧会

やきもの王国 ―中世猿投窯と常滑窯―

2020年02月15日号

古代から中世前期まで続いた猿投窯の技術は、周辺窯業地へと伝播し影響を与えました。その中でも瀬戸窯・常滑窯は、日本六古窯(にほんろっこよう)にも数えられ、現在まで続く愛知県の窯業として継承されています。
常滑窯は、12世紀前半に「山茶碗(やまぢゃわん)」と呼ばれる無釉(むゆう)の碗類の生産により成立し、12世紀中頃には渥美窯の壺・甕生産の技術導入を受け、後の常滑焼の代名詞となる大型の壺・甕の生産が始まったと考えられています。
鎌倉幕府の成立に伴い、常滑窯製品の生産量は飛躍的に増加し、都市鎌倉を中心に全国的に流通することとなりました。...
本展では、12世紀から13世紀にかけて生産された壺・甕や瓦などを展示紹介します。また、中世を代表する窯業地として君臨した六古窯のひとつ常滑窯を採りあげ、尾張で生産されたやきものから窯業大国「愛知」の源流を検証していきます。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00051622.json s 10159372

高浜市やきものの里かわら美術館

地域 中部
会場高浜市やきものの里かわら美術館
愛知県高浜市青木町9-6-18
会期2020年1月18日(土)~3月22日(日)
入場料高校生以上=400(320)円
*( )内は前売、20人以上の団体、高浜市内居住者料金
*中学生以下は無料
*75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
休館日月曜日、火曜日(2/11、2/24は開館)、2/12、2/26
開館時間10:00~17:00(観覧券の販売は16:30まで)
問い合わせ先tel. 0566-52-3366
主催高浜市やきものの里かわら美術館
公式サイトhttp://www.takahama-kawara-museum.com/exhibition/detail.php?id=348

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ