2020年03月15日号
次回4月1日更新予定

オススメ展覧会

農民美術・児童自由画100年展

2020年02月15日号

1919(大正8)年、版画家・洋画家として知られる山本鼎(1882-1946)が始めた「農民美術運動」と「児童自由画教育運動」。
農民の手工芸品として始まった「農民美術」の生産は、大正から昭和初期にかけて一時全国に広がりました。現在は、長野県上田地域の伝統的工芸品として定着し、白馬・大町など県内各地にも影響を及ぼしました。
一方、正確な模写を評価する大正期の学校教育を打破し、子どもたちの創造性に着目した「自由画」の理念も、今日の図工美術教育の基礎として受け継がれています。
本展は、100年を迎えた両運動の果たした意義を見つめ直し、今後の可能性を探ります。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00051227.json s 10159374

サントミューゼ 上田市立美術館

地域 関東・甲信越
会場サントミューゼ 上田市立美術館
長野県上田市天神3-15-15
会期2019年11月30日(土)~2020年2月24日(月)
入場料一般=700(600)円
高大生=500(400)円
小中生=300(200)円
*( )内は20人以上の団体、障害者手帳携帯者とその介助者1名の料金
休館日火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29〜1/3)
開館時間9:00~17:00(最終入場は16:30まで)
問い合わせ先tel. 0268-27-2300
主催農民美術・児童自由画100周年記念事業実行委員会(上田市・上田市教育委員会、長野県農民美術連合会、神川山本鼎の会)
公式サイトhttps://www.santomyuze.com/museumevent/normin_art100_2019/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ