2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

バックナンバー

2015年08月15日号のバックナンバー

イメージ

フォーカス

報道写真の理念を問い直す注目すべき試み 「戦争と平和 ── 伝えたかった日本」展レビュー

photo

[2015年08月15日号(飯沢耕太郎)]

キュレーターズノート

「没後20年 具体の画家──正延正俊」「TODAY IS THE DAY:未来への提案」「ヒロシマを見つめる三部作 第1部:ライフ=ワーク」

photo

[2015年08月15日号(川浪千鶴)]

 高知県立美術館で開催中(2015年9月28日まで)の「正延正俊展」(西宮市大谷記念美術館と高知県立美術館の共同企画)は、地方公立美術館らしい「仕事」の成果だと自負している。

「吉岡徳仁──トルネード」、田中千智「はてしない物語」、「肉筆浮世絵の世界」、「彫刻/人形」

photo

[2015年08月15日号(山口洋三)]

 当館のリニューアルのことは前回の私の文章で触れた。今後も話題にしていきたいと思うが、すでにリニューアルを終えた美術館がすぐそばにあった。佐賀県立美術館である。昨年11月から改装のため休館し、本年7月、「吉岡徳仁──トルネード」展でリニューアルオープンした。

アート・アーカイブ探求

川合玉堂《早乙女》──里山の余情「草薙奈津子」

photo

[2015年08月15日号(影山幸一)]

artscapeレビュー

▲ページの先頭へ

文字の大きさ