2019年10月15日号
次回11月1日更新予定

オススメ展覧会

みつめる―見ることの不思議と向き合う作家たち―

2019年09月01日号

日常の自然や風景、身辺の周りにあるものから受けとめたものを絵画表現とする、この見ることと描くことの間を橋渡しするものは何でしょうか。本展覧会では、見ること、感じることの神秘を問い、それを絵画空間でのみ表しうる独自の表現へと深め続けている7人の作家に注目します。 ...
彼らの作品は、現実世界と絵画世界の関係性の探究と、新鮮な発見を続けるための意識的で持続的なチャレンジ、この二つがクロスするところに成立しています。
7人の作家たちは、私たち誰もが知る日常の視覚的世界に根ざしながら、見ることの不思議を伝えるそれぞれ独自の絵画表現を通して、世界をみつめる透徹したなまなざしへと誘います。 [美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00049239.json s 10156313

群馬県立館林美術館

地域 関東・甲信越
会場群馬県立館林美術館
群馬県館林市日向町2003
会期2019年7月13日(土)~9月16日(月・祝)
入場料一般=610(480)円
高大生=300(240)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
*震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください
休館日月曜日(8/12、9/16は開館)
開館時間9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 0276-72-8188
主催群馬県立館林美術館
公式サイトhttp://www.gmat.pref.gunma.jp/index.html

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ