2019年11月01日号
次回11月15日更新予定

オススメ展覧会

驚異と怪異―想像界の生きものたち

2019年11月15日号

この展覧会には、世界各地の人々の想像の中に息づく生きものが展示されています。...馬には足が4本ある、投げたボールはいずれ落ちるといったような自然界の規則は、生物や物理現象に対する直観的理解として進化の過程で人間の脳の回路に配線済みであると言われていますが、生まれながらに備わっているこの自然理解からズレるものに出会ったときの混乱が、「びっくり!」、「怪しい…」なのです。そして人は、その理解できない現象の原因を説明するために、霊、神/カミ、悪魔、妖怪などの、見えない力の存在を想定する精神メカニズムをも備えています。しかし、人間の脳には限界があり、直接感知できない存在の姿は、知っている部品をなんとか駆使してイメージを思い描くしかありません。そこには、文化人類学者レヴィ・ストロースのいう「ブリコラージュ」(寄せ集め)の思考が見てとれます。[公式サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00050219.json s 10157059

国立民族学博物館

地域 近畿
会場国立民族学博物館
大阪府吹田市千里万博公園10-1
会期2019年8月29日(木)~11月26日(火)
入場料一般=880(600)円
大学生=450(250)円
*( )内は20人以上の団体料金
*高校生以下は無料
*障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます
休館日水曜日
開館時間10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 06-6876-2151
主催国立民族学博物館
公式サイトhttp://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20190829kyoui/index

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ